ご愛犬・ご愛猫をもっと健康に

メディネクス株式会社

みなさんの声 犬と猫の肝臓病

ALTおよびALPが心配だったミックス犬の健康サポート日記

更新日:

肝機能が悪く、肝炎もしくは胆道系疾患、中毒が疑わる犬(推定4歳)の回復例です。

一般治療を受けながら、健康サポートとして製剤(SPF100%豚プラセンタ+亜鉛含有酵母+カキ肉エキス)を使用しています。

 

兵庫県神戸市のアルファ獣医科病院から提供していただいたデータを元にしました。

※個人的な感想であり、サプリメントの効果を保証するものではありません。

【初診時】呼吸が荒く、血便、嘔吐で受診

避妊手術済みのメス犬(推定4歳)で体重は14.6kgです。

呼吸の荒さ、血便、嘔吐といった症状があり、アルファ獣医科病院を受診されました。

 

元気と食欲がなく、血液検査を実施したところ肝機能低下と著しい脱水が見つかりました。

一般的な治療を施し、点滴により脱水が改善したために帰宅。

 

自宅にてチオラ、ウルソ、製剤(SPF100%豚プラセンタ+亜鉛含有酵母+カキ肉エキス)を各2錠、10日間投与してもらいました。

21日後に再来院していただいたところ、全身症状の大幅改善、血液検査値の大幅改善が確認されました。

 

以下、検査項目からの抜粋です。

検査項目 初診時 21日後 数値が高い時
AST

 

GOT

1000以上 23 肝機能に障害
ALT

 

GPT

1000以上 55 肝機能に障害
ALP 1500以上 50以下 肝機能に障害
RBC

 

赤血球数

1000 842 脱水

 

 

担当した動物病院より

動物病院からコメントを頂いております。

※少し読みやすいように整形しています。

 

今回の肝臓治療はとても良い結果となりました。

短期間で、かつ犬にあまり負担をかけることなく回復させることができました。

 

当院では、肝機能障害に対して一般的な肝臓病薬(チオラ、ウルソ)や漢方治療を実施しています。

ただ経験から言うと、通常治療だけでここまで著しく改善することは極めて珍しいことです。

参考ページ:犬猫の肝臓病の薬-ウルソ、スパカールなどを解説

 

 

当院では肝臓や肝機能の問題がある犬猫たちには、一般治療に加えて、製剤(SPF100%豚プラセンタ+亜鉛含有酵母+カキ肉エキス)を併用するようにしました。

 

また良いデータが出ましたら報告します。

肝臓病で悩んでいる方々のお役に立てば幸いです。

 

※個人の感想です。

 

メールマガジン

注目情報

プラセンタクレアを与えた犬猫のグラフ 1

このページでは、ご愛犬ご愛猫の肝臓を健康に導くための知識、そ ...

ゴールデンレトリバー 2

がんは犬猫たちにとってもっとも危険な病気です。 獣医学が進歩 ...

ALP変化グラフ 3

このページでは、「SPF100%プラセンタ配合粒」を投与した ...

Copyright© 犬猫の健康を学ぶ情報サイト , 2019 All Rights Reserved.