みなさんの声 犬と猫の肝臓病

ALTとALPの変化グラフ(SPF100%プラセンタ配合粒使用)

更新日:

このページでは、「SPF100%プラセンタ配合粒」を投与した犬猫たちのグラフを紹介しています。

GPT(ALT)、ALPの変化、および皮膚や体毛の変化について、使用中の動物病院から提供されたデータです。

 

肝臓の健康を大切に考える飼い主様の参考になりましたら幸いです。

ペットたちの健康に、お役に立てるようこれからも努めてまいります。

「SPF100%プラセンタ配合粒」とは、SPF豚100%プラセンタ、亜鉛含有酵母、カキ肉エキスの3つの成分を含む配合粒のことです。

 

SPF100%プラセンタ配合粒の評価

佐々木動物病院(長野県飯田市)において、肝機能値に異常がみられた犬猫たちに、SPF100%プラセンタ配合粒を使ったテストを実施いたしました。

GPT(ALT)およびALPの変化を評価したところ、GPTで73%の割合、ALPで60%の割合で、好ましい結果が得られました。

SPF100%プラセンタを与えた犬猫のグラフ

佐々木動物病院ではこういった良い感触から、肝臓治療中の健康サポートとして、肝機能の健康維持として使用してくださっています。

 

GPT(ALT)の変化

以下に紹介するグラフは、「SPF100%プラセンタ配合粒」を投与中にGPT(ALT)の改善がみられた例です。

GPTは肝炎や肝硬変で高い値を示すため、肝臓の障害度合いの推測に有用な検査値です。

GPTの詳しい説明はこちらのページをご参照ください。GPT(ALT)が高くなる病気

 

※グラフやデータは変化パターンを見ていただくためのものであり、すべての動物に良い結果を保証するものではありません。

症例:まねき猫ホスピタル

GPT変化グラフ

犬。SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから81日後にALTが143低下していた。プラセンタ注射、ビタミン点滴併用。

 

GPT変化グラフ

雑種犬。推定4歳。体重14.6kg。SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから21日後にALTが945低下していた。強肝剤、利胆剤併用。

 

症例:アルファ獣医科病院

GPT変化グラフ

犬。推定4歳。体重5.3kg。SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから28日後にALTが827低下していた。強肝剤、漢方薬、乳酸菌生成物質併用。

 

症例:佐々木動物病院

GPT変化グラフ

SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから61日後、ALTが136低下していた。

 

GPT変化グラフ

SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから71日後、ALTが134低下していた。

 

GPT変化グラフ

SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから3日後、ALTが215低下していた。

 

GPT変化グラフ

SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから10日後、ALTが657低下していた。

 

GPT変化グラフ

SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから6日後、ALTが567低下していた。

 

ALP(ALKP)の変化

以下に紹介するグラフは、「SPF100%プラセンタ配合粒」を投与中にALP(アルカリホスファターゼ)の改善がみられた例です。

ALPは胆管や胆のうなどの胆道系の障害で高い値を示しますが、胆管は肝臓内にも存在するために肝臓の病気でも高くなることがあります。

ALPの詳しい説明はこちらのページをご参照ください。ALPが高くなる病気

 

※グラフやデータは改善していくパターンを見ていただくためのものであり、すべての動物に良い結果を保証するものではありません。

症例:まねき猫ホスピタル

ALP変化グラフ

犬。SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから81日後、ALPが210低下していた。プラセンタ注射、ビタミン点滴併用。

症例:アルファ獣医科病院

ALP変化グラフ

雑種犬。推定4歳。体重14.6kg。SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから21日後、ALPが1450低下していた。強肝剤、利胆剤併用。

 

ALP変化グラフ

犬。推定4歳。体重5.3kg。SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから28日後、ALPが1437低下していた。強肝剤、漢方薬、乳酸菌生成物質併用。

症例:佐々木動物病院

ALP変化グラフ

SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから51日後、ALPが215低下していた。

 

ALP変化グラフ

SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから10日後、ALPが1703低下していた。

 

ALP変化グラフ

SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから97日後、ALPが173低下していた。

 

ALP変化グラフ

SPF100%プラセンタ配合粒を与えはじめてから78日後、ALPが553低下していた。

 

皮膚、体毛の変化

症例:アルファ獣医科病院(1)

皮膚と体毛の変化

 

 

皮膚と体毛の変化

 

症例:アルファ獣医科病院(側面)

皮膚と体毛の変化

広範囲の脱毛が発生。(再発)

2016年3月2日、背中の複数箇所で脱。痒みを伴う。

細菌感受性の検査からアモキシシリン(ペニシリン系抗生物質)、セファレキシン(セフェム系抗生物質)、アミカシン(アミノグリコシド系抗生物質)を選択。

抗ヒスタミン剤、プレドニゾロン(ステロイド剤)を加える。

腸管免疫改善のためにサプリメントおよび補中益気湯(漢方薬)を追加。

薬用シャンプーとしてヨードとアロエエキスからなる、ヨードシャンプーの使用を指示。

2016年4月17日、脱毛に改善が見られず、プラセンタ配合粒(SPF100%豚プラセンタ+亜鉛含有酵母+カキ肉エキス)を追加。

2016年4月27日、痒みは少し改善したようだが脱毛改善せず。プレドニゾロンを半減し、イトラコナゾール(抗真菌薬)を追加。

2016年5月13日、少しγ-GTPが上昇し、肝臓に負担がかかっていることを確認したため、プレドニゾロンは中止。チオラ(肝臓治療薬)を追加。

2016年6月1日、イトラコナゾールを中止。(肝臓への大きな負担となっている可能性から)

 

西洋薬を減らし、プラセンタ配合粒、漢方薬、腸管サプリメントを中心とした治療に切り替えてから、改善が見られ始める。

 

皮膚と体毛の変化

 

皮膚と体毛の変化

 

症例:アルファ獣医科病院(上と同一の犬の顔面)

皮膚と体毛の変化

 

皮膚と体毛の変化

 

皮膚と体毛の変化

 

 

使用した成分について

以下の3成分を配合したプラセンタ粒を使用

・SPF豚100%プラセンタ末

・亜鉛含有酵母

・カキ肉エキス末

※すべて国産

肝臓の健康を大切に考える飼い主様の参考になりましたら幸いです。

ペットたちの健康に、お役に立てるようこれからも努めてまいります。

 

なお肝臓は、代謝の中心的役割を担う臓器であるために、不要成分をできるだけ減らすとともに、主要成分の品質の良さが重要になると考えられます。

特にプラセンタは動物の胎盤から得られる生物由来の素材であり、その品質は追求するべきポイントとなります。

また品質を高めることで「量より質」すなわち、投与する量を少量に抑えられるというメリットが得られます。

 

 

データ提供動物病院

佐々木動物病院(長野県飯田市) ホームページ

アルファ獣医科病院(兵庫県神戸市) ホームページ

まねき猫ホスピタル(大阪府守口市) ブログページ

執筆者

岡田憲人(薬剤師)応対してきたペット健康相談は1000件以上。科学的なことも、大切なメンタルのことも無料でアドバイスしています。

改善ケース

ALP変化グラフ 1

このページでは、「SPF100%プラセンタ配合粒」を投与した ...

犬の肺がんレントゲン写真 2

北海道で犬の保護ボランティアをしている方々からの嬉しい報告を ...

中毒から肝臓病 3

2年前にセイロンライティアの葉を口にして急性中毒を起こし、そ ...

Copyright© 犬猫の健康を学ぶ情報サイト , 2019 All Rights Reserved.