犬と猫の肝臓病 症例のデータ・体験談

犬猫の肝臓検査値の改善データ(SPF100%プラセンタ使用中)

2019年4月12日

ALP変化グラフ

メディネクスでは改善した犬猫のデータを分析しています。

このページには、肝臓の血液検査値であるGPT(=ALT)およびALP(=ALKP)の改善例として、「SPF100%プラセンタ配合粒」を投与したグラフを掲載しています。

また皮膚や体毛の変化について、使用中の動物病院から提供された画像も掲載しています。

 

肝臓の検査値GPTとALP改善について

GPTとALPが高い症例に、SPF100%プラセンタ配合粒を与え観察した結果、それぞれ73%と60%という割合で改善傾向が見られました。

なお薬の治療を併用しているケースも含まれています。

 

協力していただいた佐々木動物病院よると、通常の薬物治療だけの改善割合はもっと低くくなってしまうため、サポートとしてSPF100%プラセンタを併せていくことのメリットは大きいとのことです。

SPF100%プラセンタを与えた犬猫のグラフ

佐々木動物病院のデータより

 

 

GPT(ALT)改善が見られたケース

以下のグラフやデータは動物病院から提供された変化例です。

「SPF100%プラセンタ配合粒」による健康度への影響を観察するための1つの手段として、GPTの値を参照しています。

※GPTのみで健康度を評価することはできませんが、肝臓の障害や炎症度合いを推測するための重要な検査値です。

 

データ:まねき猫ホスピタル

GPT変化グラフ

犬。プラセンタ注射、ビタミン点滴併用。

81日後、正常化

 

GPT変化グラフ

雑種犬。推定4歳。体重14.6kg。強肝剤、利胆剤併用。

21日後、正常化

 

データ:アルファ獣医科病院

GPT変化グラフ

犬。推定4歳。体重5.3kg。強肝剤、漢方薬、乳酸菌生成物質併用。

28日後、正常化

 

データ:佐々木動物病院

GPT変化グラフ

61日後、正常化

 

GPT変化グラフ

71日間、ほぼ正常化

 

GPT変化グラフ

3日後、値は半減になっていた

 

GPT変化グラフ

10日後、約1/3にまで低下していた

 

GPT変化グラフ

6日後、半分以下になっていた

 

ALP(ALKP)改善が見られたケース

以下のグラフやデータは動物病院から提供された変化例です。

「SPF100%プラセンタ配合粒」による健康度への影響を観察するための1つの手段として、ALPの値を参照しています。

※ALPのみで健康度を評価することはできませんが、肝臓や胆管、胆のうの状況をみていくときに重要となる血液検査値です。

データ:まねき猫ホスピタル

ALP変化グラフ

犬。プラセンタ注射、ビタミン点滴併用。

81日後、ほぼ正常化

 

データ:アルファ獣医科病院

ALP変化グラフ

雑種犬。推定4歳。体重14.6kg。強肝剤、利胆剤併用。

21日後、大幅に低下

 

ALP変化グラフ

犬。推定4歳。体重5.3kg。漢方薬、乳酸菌生成物質併用。

28日後、大幅に低下

 

データ:佐々木動物病院

ALP変化グラフ

51日後、改善し、正常化

 

ALP変化グラフ

10日後、まだ高めだが大幅に低下

 

ALP変化グラフ

97日後、正常化

 

ALP変化グラフ

78日後、まだ高めだが低下の傾向がみられる

 

 

皮膚、体毛の改善が見られたケース

データ:アルファ獣医科病院(1)

皮膚と体毛の変化

毛並みが悪く、皮膚の赤みが目立つ。

 

皮膚と体毛の変化

毛並みが良くなり、皮膚の赤みが目立たなくなる。

 

 

データ:アルファ獣医科病院(2)

広範囲の脱毛が発生。(再発)

2016年3月2日、背中の複数箇所で脱。痒みを伴う。

細菌感受性の検査からアモキシシリン(ペニシリン系抗生物質)、セファレキシン(セフェム系抗生物質)、アミカシン(アミノグリコシド系抗生物質)を選択。

抗ヒスタミン剤、プレドニゾロン(ステロイド剤)を加える。

腸管免疫改善のためにサプリメントおよび補中益気湯(漢方薬)を追加。

薬用シャンプーとしてヨードとアロエエキスからなる、ヨードシャンプーの使用を指示。

2016年4月17日、脱毛に改善が見られず、SPF100%プラセンタ配合粒を追加。

2016年4月27日、痒みは少し改善したようだが脱毛改善せず。プレドニゾロンを半減し、イトラコナゾール(抗真菌薬)を追加。

2016年5月13日、少しγ-GTPが上昇し、肝臓に負担がかかっていることを確認したため、プレドニゾロンは中止。チオラ(肝臓治療薬)を追加。

2016年6月1日、イトラコナゾールを中止。(肝臓への大きな負担となっている可能性から)

西洋薬を減らし、SPF100%プラセンタ配合粒、漢方薬、腸管サプリメントを中心とした治療に切り替えた。

 

 

皮膚と体毛の変化

 

皮膚と体毛の変化

 

皮膚と体毛の変化

 

データ:アルファ獣医科病院(上と同一の犬の顔面)

皮膚と体毛の変化

 

皮膚と体毛の変化

 

皮膚と体毛の変化

 

 

使用した成分について

以下の3成分を配合したプラセンタ粒を使用

・SPF豚100%プラセンタ末

・亜鉛含有酵母

・カキ肉エキス末

 

ご協力いただいた動物病院

佐々木動物病院(長野県飯田市) ホームページ

アルファ獣医科病院(兵庫県神戸市) ホームページ

まねき猫ホスピタル(大阪府守口市) ホームページ

犬猫たちの改善例

ペットの健康を応援しています。

問い合わせバナー

メルマガ紹介へのバナー

Copyright© メディネクス研究所 , 2019 All Rights Reserved.