みなさんの声 犬と猫の癌(がん)

犬の足にできた癌(血管外膜細胞腫)のコントロール例

更新日:

もえぎの動物病院(神奈川県横浜市青葉区)からいただいた症例の報告です。

できるだけ原文のまま紹介いたします。

 

シーズー 犬 14歳

2015年1月頃に左前肢に腫瘍ができ、5月上旬頃には4×7㎝程度まで増大。

左肘~前腕に及ぶ。5月上旬頃切除。病理組織検査で血管外膜細胞腫(以上、他院での話)

5月26日、当院初来院。

冬虫夏虫サプリメント(冬虫夏草の特殊培養物+有機ゲルマニウム)、乳酸菌生成物質、ベンフォチアミンを開始。

同年12月、再発。2016年1月22日にオペ。約2センチ程度の大きさになっていた。

組織検査の結果は同じでした。

2017年1月、5mm程度の再発?→その後、大きさに変化なし。

同年7月頃、血尿で来院。膀胱炎、膀胱結石・尿道結石もあるが、治療後、症状消失。

再発予防のため、漢方薬を併用。

現在も状態維持。

局所浸潤性が強く、再発すると進行がどんどん早くなっていき、通常は外科で取り切らないと根治しないと言われている腫瘍です。

場所的にマージンをしっかりとるためには断脚しかありませんでしたが、断脚しないで長期間コントロールできています。

 

追伸

2019年3月

ずっと再発がなかったのですが、つい最近、1cm程度の再発(細胞診で確定済み)が見られました。

どうするか、次回の来院時に相談する予定です。

 

弊社からのコメント

先生もコメントされていますが、脚にできる浸潤性の高いがんは、再発を防ぐために一般的には断脚(足の切断)を考えなくてはなりません。

ただ、その後の生活、犬の幸せを考えたとき、必ずしもそれが良いかどうかは、簡単に決めることのできない難しい選択です。

何が最良であるかは後にならないとわからないとも言えますが、がんとの共存を目指し、がんを広げないという視点に立つとき、代替療法や免疫改善といった新しい選択肢が現れます。

このケースでは2回の再発がありましたが、いずれも腫瘍は広く浸潤せず、局所手術で対応できています。

もえぎの動物病院は、QOL(生活の質)を大切に考える飼い主様に、統合医療で応えてくれる動物病院です。

もえぎの動物病院ホームページ

 

執筆者

岡田憲人(薬剤師)応対してきたペット健康相談は1000件以上。科学的なことも、大切なメンタルのことも無料でアドバイスしています。

改善ケース

ALP変化グラフ 1

このページでは、「SPF100%プラセンタ配合粒」を投与した ...

犬の肺がんレントゲン写真 2

北海道で犬の保護ボランティアをしている方々からの嬉しい報告を ...

中毒から肝臓病 3

2年前にセイロンライティアの葉を口にして急性中毒を起こし、そ ...

Copyright© 犬猫の健康を学ぶ情報サイト , 2019 All Rights Reserved.