みなさんの声

【改善例】チワワ犬の皮膚病(アレルギー、マラセチア)

更新日:

アレルギー性皮膚炎、マラセチア皮膚炎が改善したチワワ犬をご紹介いたします。

月桃抽出液を研究している佐々木動物病院(長野県飯田市)からの報告です。

佐々木動物病院の紹介

 

状況、これまでの経緯

チワワ7歳、去勢済

お腹、脇、四肢、指間舐める、薄毛。

マラセチア菌(+)

アレルギー性、マラセチア性皮膚炎の治療として、抗真菌剤、抗ヒスタミン剤、ステロイド剤療を断続していました。

ですが良くなったり悪くなったりを繰り返し、完全には改善していません。

 

状況悪化のため、月桃抽出液の塗布を開始

2年間で除々に 薄毛、マラセチア菌(+++)悪化。

臭いもひどくなってきました。

そこで追加のケアとして、月桃抽出液の塗布を開始します。

皮膚病の改善例

皮膚病の改善例

 

月桃抽出液の塗布を開始してから3ヶ月後

皮膚病の改善例

皮膚病の改善例

状況が全体的に改善。

薄毛の改善により、外観からも状況の良さが見て取れます。

 

当初は指をなめることが多く、本人はずいぶんと痒く、つらい思いをしていたことでしょう。

かゆみのストレスから開放されれば、日々を穏やかに、楽しいことをもっと楽しく、健やかに暮らせるようになります。

マラセチアについて

マラセチアとは、犬の皮膚に存在するカビ菌です。

マラセチアがいても、通常は皮膚に問題を起こしませんが、増殖してしまうとアレルギーの原因となったり、皮膚炎の原因となることがあります。

きつい臭いがするようなときは、増殖している可能性もあるでしょう。

 

マラセチア菌が増殖してしまう原因としては、エサとなる皮脂が多いことや、皮膚のバリア機能の低下、免疫力の低下などが考えられます。

実際にはそれらが重なって、複合的な理由となっているケースも少なくない思われます。

 

一般的な治療としては、抗真菌剤があります。

また痒みや炎症を抑えるために、抗ヒスタミン剤、ステロイド剤が用いられることもあります。

よく反応してくれる犬もいますが、今回の症例では治療が長引き、どちらかというと状況は徐々に悪くなってしまいました。

薬剤の刺激、ステロイドによる免疫低下、皮膚のバリア機能の低下など、ネガティブな側面が出てしまっていた可能性もあるでしょう。

月桃抽出液を塗り始めたことは、結果として良い判断だったように思えます。

執筆者

岡田憲人(薬剤師)応対してきたペット健康相談は1000件以上。科学的なことも、大切なメンタルのことも無料でアドバイスしています。

改善ケース

ALP変化グラフ 1

このページでは、「SPF100%プラセンタ配合粒」を投与した ...

犬の肺がんレントゲン写真 2

北海道で犬の保護ボランティアをしている方々からの嬉しい報告を ...

中毒から肝臓病 3

2年前にセイロンライティアの葉を口にして急性中毒を起こし、そ ...

Copyright© 犬猫の健康を学ぶ情報サイト , 2019 All Rights Reserved.