みなさんの声

【改善例】ヨークシャテリア犬の胆泥

更新日:

胆泥の状態が改善したヨークシャテリア犬の例をご紹介いたします。

月桃(げっとう)抽出液を研究している佐々木動物病院(長野県飯田市)からの報告です。

佐々木動物病院の紹介

 

胆泥が溜まりすぎているエコー画像

ヨークシャテリア10歳、去勢済み

肝機能値が少し悪い。

TG77、GPT143、ALP120

エコー検査をしたところ、胆のう内に胆泥が見られました。

青い部分が胆泥です。

胆のうの半分以上が、胆泥で埋まってしまっています。

これでは胆のうの機能が低下してしまいますし、将来もっと胆泥が増えて、さらに状況を悪くする可能性が考えられます。

 

このエコー検査の結果をうけて、月桃抽出液を飲み始めてもらうことにしました。

 

月桃抽出液の飲用を開始してから2ヶ月後

月桃抽出液を2ヶ月間飲んでもらい、再びエコー検査を実施。

すると胆泥の量(青い部分)があきらかに減少していました。

これによって胆のうの正常な働きは、かなり回復していると推測できます。

将来の不安もだいぶ減ったと言えるでしょう。

 

犬の胆泥について

胆泥とは、濃くなりすぎた胆汁が、胆のうから出てこれなくなったものです。

胆泥が見つかる犬は少なくありませんが、症状がほとんどないために、日常生活で気づくことは困難です。

根本的に改善させるのは難しく、徐々に量が増えてしまって胆のうを埋めてしまうこともあります。

 

佐々木動物病院では胆のう摘出の手術を年間10件ほど実施していましたが、月桃抽出液を使うようになってから手術件数が大幅に減りました。

胆のう摘出件数
2015年 8件
2016年 11件
2017年
月桃抽出液開始
0件

 

 

 

 

 

 

執筆者

岡田憲人(薬剤師)応対してきたペット健康相談は1000件以上。科学的なことも、大切なメンタルのことも無料でアドバイスしています。

改善ケース

ALP変化グラフ 1

このページでは、「SPF100%プラセンタ配合粒」を投与した ...

犬の肺がんレントゲン写真 2

北海道で犬の保護ボランティアをしている方々からの嬉しい報告を ...

中毒から肝臓病 3

2年前にセイロンライティアの葉を口にして急性中毒を起こし、そ ...

Copyright© 犬猫の健康を学ぶ情報サイト , 2019 All Rights Reserved.