犬猫用サプリメント-メディネクス株式会社
サポート電話番号
ペットの無料相談
がん、免疫が心配なときの健康サポートのサプリメント
Slider

犬猫の肝臓病の薬-ウルソ、スパカールなどを解説

drug著:薬剤師 岡田憲人

犬猫たちに一般的に使われている肝臓病の治療薬を解説します。

獣医師から処方されると、良い薬なのだと信用しがちですが、実際に劇的な改善が見られる肝臓の治療薬はほんの一部に限られます。

 

もちろんどの薬でも効いていれば止める必要はありません。

ただし、もし効いていないのであれば中止を含めて検討してあげたほうが良いでしょう。

なぜならば、副作用や治療コスト、服用によるストレスを考えた時に、犬猫たちは損を被ってしまうからです。

 

多くの医薬品はインターネット錠で添付文書(説明書)が閲覧できるのですが、一般の方にはかなり不親切で読みにくい文書です。

私の拙い薬剤師スキルで、できるだけわかりやすく解説してみます。

今後も新たな有益情報が入りましたら修正していきます。

ウルソ(ジェネリックもあり)

成分:ウルソデオキシコール酸

ウルソデオキシコール酸は胆汁成分です。これを服用すると胆汁の出が良くなって、胆石が溶けたり、肝機能が改善すると言われています。

 

効果:肝機能の改善、胆石を溶かす

人の治療薬を動物医療に転用しています。

私は薬剤師時代に数十万錠を調剤してきたと思いますが、人に効いたという実感は残念ながらあまりありません。

 

たぶん犬や猫に使っても劇的には効かないでしょう。

獣医師に聞いてみても、とりあえずウルソを使っているが良く効いている感触はないと言われます。

 

作用メカニズム:胆汁を増やす

胆汁は体にとって毒であり、どんどん排泄したほうが良いと考えられています。

胆汁の出を良くして肝臓の負担を減らし、肝臓を治すというのがウルソのうたい文句です。

 

しかしこのメカニズムが適用されるのは一部の肝臓病に限られるでしょう。

そもそも胆汁がどんどん出てくるという点についても、どうなのかなと思っています。

 

投与量:人は1日600mg

人にはウルソデオキシコール酸として通常600mgを投与します。

病気によっては150mg~900mgまでありえます。

 

犬や猫の場合は体重から投与量を求めますが、人に比べると多めに与えます。

多くても安全性だけはとても高いので、まず心配はいらないでしょう。

 

副作用:微々たるもので、ほぼ安全

さきほど安全性が高いと書きましたが、本当にその通りです。

いままで私も副作用らしい副作用を見たことがありませんので、おそらく犬や猫でもまず薬害の心配はないでしょう。

 

薬剤師の見解:他の治療を考えたほうが良い

ウルソは簡単に言ってしまえば、「あまり効かないけど安全な薬」です。

薬は効かなくては意味がありませんので、残念ながらウルソはあまり価値の高い薬とは言い難いです。

 

しかしながら個人差や病態によっては少し効く子もいるでしょう。

副作用のリスクはほとんどありませんので、1ヶ月程度くらいなら試してみるのは構わないと思います。

 

私は過去にウルソを飲んでいる犬や猫の飼い主様からも話を聞いてきました。

ほとんどの犬猫たちは「毎日与えているのに肝機能がまったく改善していない。」といった状況でした。

 

ましてやウルソで助かったという話は、私の経験ではゼロです。

他にもネガティブ要素として、錠剤にしろ粉にしろ美味しくもない薬はストレスを与えかねない、ということがあります。

 

服用ストレスがなぜ悪いのか説明します。

薬にはプラセボ効果というものがあり、たとえば小麦粉で作ったニセ薬でも人は効くものだと信じこむため、ある程度の効果が出てしまいます。

 

ところが薬は効くものという認識を持たない犬猫においては、薬の服用はストレスにしかならず、たいていプラセボ効果はマイナスに働きます。

美味しい薬ならわかりませんが、美味しくないウルソはまず間違いなくマイナスになるでしょう。

 

ゆえにトータルで考えて「ウルソの場合、飲ませるストレスを上回るメリットは、ほとんど得られない。」が私の見解です。

もしご愛犬ご愛猫に効果が見られていないなら、早めに他の治療法を検討したほうが良いと思います。

 

数ヶ月飲んで効いていないのでしたら、たぶん何年飲ませても無理です。

もし担当獣医師が話を聞いてくれないようなら、他の獣医師に相談してみてください。

 

スパカール

成分:トレピブトン

利胆剤と呼ばれるような成分です。

人の治療薬を動物治療に転用したものです。

 

効果:胆石、胆のう炎を緩和する

肝臓の治療薬としては人間の治療では使われていないと思います。

そもそも肝臓病の改善薬ではありません。

 

胆石症で使うのでしょうが、私はほとんど調剤したことがありません。

ただ動物医療では肝臓が悪いときによく処方されます。

 

作用メカニズム:Oddi括約筋を緩める

Oddi(オッディー)括約筋というのは、十二指腸にあって胆管や膵管の出口を締める筋肉のことです。

これを緩めることで胆汁の出を良くするというものがスパカールの作用です。

 

投与量:人は1日120mg

ウルソと同じで、人から体重換算すると、犬や猫には多めに与えています。

 

副作用:微々たるもので安全

メーカーの添付文書を読む限りかなり安全な薬剤です。

 

薬剤師の見解:肝臓病の治療に使用すべきでない

スパカールには直接的に肝臓を治す効果は認められません。

メカニズムから考えても、特殊なケースを除いてメリットがあるとは思えません。

特殊なケースというのは、たとえば胆泥症などの胆道系の疾患です。

 

チオラ

成分:チオプロニン酸

人に使う医薬品の転用です。

 

効果

人の慢性肝炎に対して56.6%もの有効率があると、添付文書に記載されています。

何をもって効果ありとするかで見解は異なりますが、それほどまでに効くなら、もっと使われているはずでしょう。

 

そのわりには今ほとんど使われていない薬です。

人の場合は、水銀中毒に使われるくらいだと思います。

 

作用メカニズム

添付文書には詳しく書かれていません。

構造中にもつSH基(水素化された硫黄)が作用発現に関わっているはずです。

 

メカニズムのひとつは、体内の重金属を排泄する作用です。

金属を抱えて体外に運び出します。

特に水銀中毒で有効と記されています。

 

投与量:人は1日300mg

1錠100mg。

 

副作用:人で1.2%

副作用はとても少ない部類の薬です。

効果のはっきりしない薬によくありがちなパターンです。

 

薬剤師の見解

獣医師に聞いても、あまり効かないと率直な意見をもらっています。

副作用はほとんど出ないようなので、試してみるのも良いでしょう。

 

重金属を排泄するため、例えば亜鉛減少による味覚障害、免疫低下、元気低下が心配されますが、どうやら頻度は少なそうです。

鉄減少による貧血も同様です。

 

タチオン

成分:グルタチオン

注射薬と錠剤、粉薬があります。

注射薬は1本100mgと1本200mgがあります。

錠剤は50mgと100mgがあります。

粉薬は1g中に200mgを含みます。

 

効果

人の慢性肝臓病に、なんと76.8%もの有効率があると記されています。

ですが、なぜかあまり効いたという話は聞きませんので、数字は鵜呑みにしないほうが良いでしょう。

 

ちなみにタチオン点眼薬という白内障の薬があるのですが、これがまた反応のよくわからない薬です。

なのに添付文書に記されている有効率は82.3%です。

 

現場にいた薬剤師としては相当なギャップを感じます。

犬や猫にだけ特別効くとも考えにくいです。

 

作用メカニズム

上記のチオラと同じようなメカニズムだと考えられます。

やはりSH基を有する構造をもち、重金属中毒を改善させると添付文書に記されています。

 

投与量:人で100mg~200mg

人の場合はおおよそ1日に100mg~200mgです。

犬や猫ではこれよりも少なくなることが普通ですが、多めに与えて危険ということはないでしょう。

 

副作用

人の場合、注射薬での副作用はわずか0.4%とされています。

相当に安全な薬です。

 

薬剤師の見解:期待するほどの薬ではない

私にとってタチオン錠は20年ほど前にはよく調剤していた思い出の薬です。

近隣病院の方針もあったのでしょうが、とにかく高齢者にはバンバン処方されていました。

 

効いていたという実感はありませんが、副作用らしい副作用は記憶にありません。

タチオンを調剤していたのはその時期くらいで、以後はほとんど触れることもなくなりました。

私の個人的感想ですが、廃れたという印象のある薬です。

 

プロトポルト(旧:プロルモン)

成分:プロトポルフィリン

人の医薬品を動物医療に転用しています。

 

投与量:人は1日60mg~120mg

1錠にプロトポルフィリン40mgが含まれています。

 

効果

添付文書には慢性肝疾患の肝機能を改善するとの記載があります。

 

作用メカニズム

添付文書に記載がありません。

 

副作用

添付文書に「本剤は、使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。」との記載があります。

 

薬剤師の見解

あまり人にはよく使われる薬ではありませんでした。

使用している獣医師からは、あまり効かない薬だと聞いています。

 

 ラエンネック

成分:人の胎盤の抽出物

胎盤すなわちプラセンタの抽出物です。

人の胎盤を酵素で分解したものを水に溶かし込んでいます。

肝臓の細胞を再生させると考えられています。

 

効果

人の添付文書によれば、慢性肝疾患において肝機能を改善させるとあります。

ラエンネックは動物治療ではまだ一般的と言えるほど普及していませんが、私の知る獣医師の多くは導入しています。

彼らはラエンネックの性能を高く評価しています。

 

作用メカニズム

プラセンタには細胞を増殖させる様々な物質が含まれていると考えられます。

肝臓病の治療にで高価を発揮するのも、肝細胞の増殖促進が関わっているのでしょう。

 

肝臓はタフな臓器ですから、検査で悪い数値が出るときはかなり傷んでいます。

たとえばALT(GPT)の数値がかなり高いとき、肝細胞がだいぶ死んでしまっている状況です。

 

プラセンタは肝臓の持つ自己再生能力を高めると考えられます。

つまり死んでしまった肝細胞に置き換わる、新しい肝細胞を作り出すことが期待できます。

 

副作用:おおむね安全といえる

注射部位が痛む、固くなったなどを除くと、ラエンネックの副作用は非常に少なく、かなり安全な薬剤だといえます。

ラエンネックは一般的な薬剤と異なり人の臓器を使っているため、安全性にはかなり気をつけて製造されていることが伺えます。

 

日本の婦人の胎盤だけを使用し、渡航歴のチェック、ウイルス検査や、製造時の高圧蒸気滅菌により安全性を担保している旨が添付文書に記載されています。

 

薬剤師の見解

ラエンネックは他の治療薬に比べて、はるかに試す価値があります。

なぜならば、私がインタビューした獣医師のすべてが効果を認めているからです。

 

全国1万の動物病院のうち、わずか数店舗ではありますが、それでも私の薬剤師の経験と勘からラエンネックは使える薬剤だと確信しています。

ただしラエンネックは注射薬のために、どうしても通院治療が必要です。

 

錠剤タイプのサプリメントでも同程度の効果が期待できると考えています。

またそのような報告もあります。

性能と安全性を追求したものであれば代用できる可能性は十分にあるでしょう。

 

薬剤師の総論:良い肝臓治療薬は一部だけ

現状ではプラセンタを除き、肝臓病によく効く薬は無いと思います。

良い薬がないために、犬猫たちの肝臓病は徐々に進行してしまいます。

 

そして肝臓病の薬は、ここ数十年間ほとんど進歩していません。

最近発売されている肝臓病薬のほとんどは肝炎ウイルスのための薬であり、慢性肝炎や肝機能低下性を改善させてくれる薬ではありません。

 

そもそも肝臓は解毒を担う臓器であり、私は新人薬剤師の頃に先輩からこう教わりました。

薬を分解して排泄する臓器である肝臓を、薬物で治せるわけがないと。

 

今思い出しても、深くて本質をついた教えです。

※ちなみに当時はプラセンタを知る薬剤師はほとんどいませんでした。

 

肝臓をなんとか治そうとするとき、胆汁を増やしたり、胆管を開いたりするよりもやるべきことがあります。

まずは肝臓を痛めつけている薬剤やペットフードの添加物を見直すべきです。

 

そして犬猫たちに医薬品を試すならば現在プラセンタの一択かと思います。

お近くにプラセンタ療法を実施している動物病院があるのでしたら、一度相談してみると良いでしょう。

 

まずは自宅でできることから始めたいとき、弊社の高品質プラセンタ・サプリメントはお役立ちするかと思います。

製品はこちらのページでご紹介しております。

【肝臓が心配なときの健康サポートに】プラセンタ-クレア

 

こちらを与えていただいて、次回の血液検査で反応しているかどうかをチェックしてみてください。

改善してくるようなら継続していただき、だいぶ良くなってしまえば量を減らして大丈夫でしょう。

公開日:2016年2月29日

更新日:2017年4月25日

お問い合わせページ
▲ページの先頭へ
スマホ用メニュー