犬猫用サプリメント-メディネクス株式会社
サポート電話番号
Image is not available
がん、免疫が心配なときの健康サポートのサプリメント
ペットのがん、肝臓病の相談
Slider

ご愛犬、ご愛猫のALPが高いとき、考えられる病気や原因

獣医師と犬動物病院でALPが高いと指摘されたとき、いったい犬猫たちの体内では何が起こっているのでしょう。

検査のたびに基準値をオーバーするのであれば、まずは肝臓もしくは胆管系の病気が考えられます。

ステロイド剤を使いはじめてからALPが上昇してきたなら、おそらく原因はそれでしょう。

 

ALPが高くなる原因はさまざまで、考え始めるとキリがないかもしれません。

まずは主な原因だけを頭に入れておくと良いと思います。

そのようなとき、このページはお役立ちすると思います。

 

もちろんALPの数値だけから得られる情報は限られていますので、動物病院で適切な追加検査を受けたほうが良いかもしれません。

 

 

 

ALPの簡単な解説

ALPはアルカリホスファターゼの頭文字を取った略称。

血液検査の項目の1つとして、広く利用されています。

主に肝臓や胆管の病気を見つけたり、治療の経過をチェックするときに役立つ重要な検査項目です。

 

 

ALPが上昇するメカニズム

もともとALPは血液中にわずかに存在するだけですが、ALPを含む組織が障害されたり、排泄がうまくできなくなると血液中に入り込んできます。

ALPを多く含む代表的な臓器が肝臓です。

 

他にも骨、腎臓、腸など、あちこちの組織に含まれます。

変わったところでは胎盤にも多く存在します。

これらの組織からALPが漏れだすとき、血中のALPが上昇します。

 

胆汁の流れが悪いときにもALPが上昇してきます。

これは胆汁とともに腸に排泄されるはずのALPが逆流し、血液中に入り込んでしまうためです。

 

また薬の中にもALPを上昇させるものがあります。

影響のある薬の服用中は、本来のALPがわかりません。

 

これ以外にもALPが上昇する理由は複数あげられます。

ただしALPがいろいろな病気を見つけ出すことに役立つわけではなく、有用なのは肝臓、胆管、骨あたりの病気に限られます。

 

 

ALPが高くなる病気や、その他の原因

前述のとおり通常ALPは血液中にわずかしか存在していません。

そのALPが高い値を示すとき、体の中で何か異変が起こっている可能性があります。

 

もちろん心配な病気ばかりではありません。

安心のためにも動物病院でチェックしてもらうと良いでしょう。

 

なおALPの測定方法にはいくつかの種類があり、基準値は動物病院によって異なるようです。

犬と猫でも基準値が異なりますし、成長期や妊娠期では基準値を高めにするのが普通です。

 

 

胆管系の病気

ALPは胆汁とともに胆管を通って腸内に排泄されます。

ですので胆汁の流れが悪くなるにつれてALPは高くなる傾向があります。

 

胆管が詰まってしまい、胆汁の流れが完全に遮断されるようだと、ALPは一気に上昇するでしょう。

胆汁の流れを悪くする病気は、胆道感染症(胆のう炎、胆管炎)や胆石、胆泥症、胆管がんなどです。

 

 

肝臓病、肝炎

肝臓病といったとき、多くは肝臓が炎症を起こしている状態です。

そのようなときにはALPが高くなる傾向があります。

 

肝臓病にはいくつかの病態があり、たとえば慢性肝炎、急性肝炎、肝不全、脂肪肝、肝硬変などです。

 

 

肝臓を障害する病気

感染症や膵炎、胃腸などといった病気が、間接的に肝臓を傷めてALPを上昇させることがあります。

 

 

薬剤、化学物質の影響

ALPをよく上昇させる薬剤として、ステロイド剤やフェノバルビタール(抗けいれん剤)があります。

ALPが異常に高いときは、これらの薬の中断を検討したほうが良いでしょう。

 

その他にも肝臓に負担をかける薬剤はALPを上昇させる可能性があります。

何か肝臓を障害する化学物質を口にした可能性もあります。

 

 

骨折や骨の成長

ALPは骨に多く存在するため、骨折によって上昇することがあります。

犬猫ではあまりお目にかかりませんが骨粗しょう症でも上昇するでしょう。

 

骨に発生した腫瘍、他の場所のがんが転移してきた骨転移でも上昇します。

なお骨がよく成長しているうちはALPも高くなりますので、若い犬猫のALPは高めでもたいていは問題ありません。

 

 

クッシング症候群

クッシング症候群は別名で副腎皮質機能亢進症と呼ばれる病気です。

体内に分泌される副腎皮質ホルモンが多くなりすぎてしまう病気ですが、いうなればステロイド剤を飲み続けているような状態になります。

 

薬剤投与による影響を外因性ステロイドによるALP上昇、クッシングが原因のときは内因性ステロイドによるALP上昇となります。

 

 

妊娠

ALPが胎盤から漏れ出すために、妊娠中のALPは高くなります。

特に胎盤が発達してくる妊娠後期で高くなってきます。

 

妊娠によるALP上昇はあまり心配がありません。

出産とともに胎盤が体外に出ると、しばらくしてALPは下がってきます。

 

 

悪性腫瘍(がん)

胆管がん、胆のうがん、肝臓がん、骨肉腫などでALPが高くなります。

他にもすい臓がんや悪性リンパ腫で高くなることがあります。

肝臓の血管とがん

 

ALPの上昇を伴うがんは、どれも体の深部に腫瘍を作るため、非常に治療が難しくなります。

肝臓がんについては、こちらのページで説明いたします。

肝臓がんの症状、そして検査と治療法

 

その他の病気

糖尿病や脂質代謝異常症(高脂血症、高コレステロール血症)、高トリグリセリド血症(高中性脂肪血症)などで上昇する可能性があります。

これらの病気が肝臓を脂肪肝へと導くことが原因の1つでしょう。

 

肥満気味の犬猫は体脂肪だけでなく、肝臓にも脂肪が蓄積する傾向があります。

脂肪肝になりやすいため、ALPが高めになる場合があります。

 

 

ALPを下げるための投薬治療

ALPを下げるための動物病院は薬による治療を第一に考えます。

肝臓病の薬

ALPが高いとき、上記のようにさまざまな原因が考えられます。

そのためALPを調べるだけでは病気を特定することはできません。

 

他の検査値のALT(GPT)やAST(GOT)、TBIL(総ビリルビン値)も一緒に見ていく必要があります。

複数の項目に異常が見られるとき、肝臓病もしくは胆道系の病気が疑われます。

 

その場合、一般的には薬による治療が提案されます。

薬は複数あるのですがあまり反応の良い肝臓病薬はなく、様子を見ながら変更していくことになるでしょう。

 

一般的な治療についてこちらをご参照ください。

犬猫の肝臓病の薬-ウルソ、スパカールなどを解説

 

 

自分でALPを下げる

まずは絶対にやっていただきたことは食事の見直しです。

基本中の基本として、脂肪分を制限し、良質のタンパク質をしっかり与えることです。

 

手作り食だから安心、高価なペットフードだから大丈夫ということはありません。

いまいちど基本からチェックしてみてください。

 

もっともおすすめの対策は、こちらのページにまとめてあります。

お時間がありましたらご参照ください。

犬猫の肝臓を治したい方におすすめする五本の槍

 

原因を見つけ出すのは、簡単なようで実際には時間がかなりかかります。

毎日ご相談を受けていると、塩分が決定的に不足していたり、油の質が考慮されていなかったりと、個別の問題も複雑にからみあっています。

健康に良いと思っていたレバーがあまりにも過量だったり、果物や野菜が原因として疑わしいケース、犬猫たちへのストレスが疑われることもあります。

 

食事は重要でありながら、間違った考えが広まってしまっています。

 

安易に肝臓サポート食に切り替えるのは、しばしば危険な行為となります。

肝臓サポート食が適するのは、肝性脳症の恐れがある末期の肝臓病に限られ、初期~中期の肝障害に使った場合は逆に病状を悪化させる恐れがあることを知っておいてください。

 

食事は犬猫たちの体を作り、肝臓を作ります。

逆に誤った食事は、体内の毒素を増やして肝臓に負担をかけてしまいます。

食事のチェックでわからないことがあるとき、どうぞ弊社サポートをご利用ください。

状況を伺って個別にアドバイスいたします。

 

ALPの数値が高いままで放置されてしまった場合

最初に誤解を招かないようにお伝えしておきたいのは、

「ALPの数値が高いからと言って必ずしも危険な状態であるという事ではない」という事です。

 

ALPの数値は骨の成長によって上昇している場合などもありますから、

まず、飼い主様はくれぐれも過剰に心配なさらないでくださいね。

 

数値上昇の原因が判明して、投薬治療をなさっている最中という飼い主様も同じです。

私がサポートさせて頂いている飼い主様の中にも、奇跡を掴んでいる方々がいらっしゃいます。

まずはポジティブなマインドでいる事を心がけながら、正しい知識をつけていきましょう。

 

それでは本題に入ります。ALPの数値が高いままで放置してしまうと

下記のような病気を進行・悪化させる可能性があります。

 

・胆道感染症(胆のう炎、胆管炎)や胆石、胆泥症
・肝炎慢性肝炎、肝臓病(急性肝炎、肝不全、脂肪肝、肝硬変など)
・感染症や膵炎、胃腸炎などの間接的に肝臓を傷める病気
・骨粗しょう症
・クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)
・胆管がん、胆のうがん、肝臓がん、骨肉腫

 

原因の特定にはALT(GPT)やAST(GOT)TBIL(総ビリルビン値)等の数値も見る必要があり

複数の項目に異常が見られるときには、肝臓病もしくは胆道系の病気が疑われるといわれます。

ALPの数値を投薬治療で下げることは難しいかもしれません

 

上記の病気の数を見ていただいてお気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、

様々な病気の可能性がある分原因の特定が難しく、処方される可能性のある薬も複数あります。

 

そのため様子を見ながら薬を変更していくことになると思いますが、

実際のところは反応の良い肝臓病薬はほとんどなく、また、

肝臓病の薬はここ数十年間ほとんど進歩していないと言われています。

 

もちろん、どの薬でも効いていれば止める必要はありません。

もし3ヶ月ほど投薬治療を継続してみても効果が現れないのであれば、

中止を含めて検討してあげたほうが良いかもしれません。

 

なぜなら薬を摂取させるということは、副作用の心配や治療コストだけでなく、

服用による犬猫へのストレスも大きいからです。

 

毎日のご飯に苦い薬をかけるなんて、

イメージしてみればどれほどのストレスになるか想像がつきますよね。

 

ALP改善の糸口に

上の章で「反応の良い肝臓病薬はほとんどない」と申し上げましたが、

実は、私がインタビューした獣医師のすべてが効果を認めていた薬がありました。

 

それは、「プラセンタ」の抽出物を成分としている薬です。

 

プラセンタは人の胎盤を酵素で分解したものを水に溶かし込んでいます。

プラセンタには細胞を増殖させる様々な物質が含まれていると考えられます。

 

肝臓病の治療にで高価を発揮するのも、肝細胞の増殖促進が関わっているのでしょう。

動物治療ではまだあまり普及していませんが、私の知る獣医師の多くは導入しています。

 

弊社ではプラセンタをメイン成分とした、肝臓の健康をサポートするサプリメント

「プラセンタクレア」を販売しております。

プラセンタクレア

それぞれ人に使われる品質で生産していますので、体調の悪いときにも健康維持としても安心して与えることができます。

いまお与えの薬やサプリメントがあるときにも、併せてお与え頂けます。

「プラセンタクレア」は動物病院でもお取り扱い頂いております。

サプリメントというものの特性上、効果のあるなしはどうしても個体差がありますが、肝臓の数値でお悩みの場合はぜひ一度お試しください。

 

プラセンタクレアのご注文はお電話で承っております。

ご注文と同時に食事の詳しいアドバイス、肝臓治療などのお悩みなどにも弊社薬剤師がお答えしております。

メディネクス株式会社 0265-49-8934

月曜日~土曜日 10:00~19:00

下記のボタンをクリックすると、弊社のネット直売店でもお買い求めいただけます。

こちらの直売所は、インターネットから24時間お好きな時間にご注文いただけます。

プラセンタクレアの詳しいご案内はこちらから

 

→肝臓回復の知識はこちら

 

 

公開日:2016年3月13日

更新日:2018年4月21日