メディネクス株式会社
サポート電話番号

犬猫の健康を学ぶ情報サイト

ヘッダー画像

はじめまして、サイト管理人の岡田と申します。

ご愛犬ご愛猫の健康を大切に考えている飼い主さまに、「健康知識の引き出し」を増やしてもらう目的でサイトを運営しています。

 

「ペットの調子が悪いのはどうしてだろう・・・」

「食べ物には気を遣ってきたのに、なぜ?」

 

病気になったり、健康を崩してしまう理由はたいてい1つではありません。

ですから対策も1つだけよりも、2つ3つとあったほうが良い結果につながりやすくなります。

 

動物病院の治療が大切なのはもちろん、自宅での取り組みもとても重要です。

フード選びや、手作り食、栄養補給による体力づくりも対策の1つになります。

その子に合う自然療法やサプリメントを使うこともできます。

 

 

実際にそういった多角的な視野を持つ獣医師を訪問して、話を聞いてきています。

動物病院紹介も掲載していますので参考にしていただければと思います。

 

病気や、その治療法などの解説

 

がん、悪性腫瘍の見出し

がんは通常、徐々に進行し、再発や転移を繰り返す性質を持っています。しかし現代の獣医学をもってしても、まだ「がん」という病気の解明には至っていません。

そのために、あまり意味のない治療や検査でも提案されてしまうことがあります。本当にご愛犬ご愛猫のためになる治療法を選択するために、飼い主様もある程度の知識を身につけておきましょう。

がん治療の前に学ぶ基礎知識

肝臓がん 肺がん 悪性リンパ腫
乳腺腫瘍(乳がん) 肥満細胞腫 血管肉腫
メラノーマ(悪性黒色腫)

 

肝臓病の特効薬はありません。そのために肝機能の治療は長期に渡ることが多く、犬や猫たちにかなりのストレスをかけてしまうことがあります。

GPTなどの肝機能値が上がり続けるとき、肝臓の壊れるスピードが速すぎて肝臓の再生能力が追いついていないとも考えられます。肝臓の知識を身につけて、より良い治療を目指しましょう。

GPT(ALT)が高くなる病気 ALPが高くなる病気 肝硬変
肝臓病の種類

 

回復の知識の見出し

がんや肝臓病は、再発を繰り返しやすい現代の難病です。治療を動物病院に丸投げするのではなく、飼い主様も積極的に治療に関わったほうがより良い結果が得られやすくなります。そしてご愛犬ご愛猫も、誰よりも飼い主様によるケアを望んでいるはずです。

肝臓を回復に導くための考え方「五本槍治療」

 

メールマガジンでも大切なことをお伝えしています。

メールマガジンでは、より本質的な知識をお伝えしています。

ホームページの内容と併せて読んでいただければ、さらに知識が深まると思います。

メールマガジン「飼い主コミュ」の案内ページ

 

ペット健康相談、治療の悩み相談

ペット健康相談

がんや肝臓病では、治療がとても良く効くこともありますが、思ったような効果が得られていない犬猫たちの話も良く耳にしています。

「指示された薬や食事がどうも合わない、しかし獣医師に言い出せない。」

ひとりで悩んでしまっている飼い主様が少なくありません。

お役に立つことできれば幸いです。

健康相談、治療の悩み相談

 

 

やさしい治療の頼れる動物病院

犬猫たちにつらい負担を強いる治療は、可能な限り別の治療に代替するべきでしょう。

将来のために今の苦痛を耐えることは、人にはできても動物にはなかなか難しいことであり、彼らの幸せにつながらないこともあります。

 

また動物に与える肉体的なストレスや精神的なストレスが強すぎると、せっかくの治療効果をキャンセルしてしまうかもしれないのです。

人の治療と動物の治療には、そういった本質的な違いがあります。

 

体に優しい治療を優先していくことが、結果として良い選択となることもけして少なくないと思います。

そういった飼い主様の考えにも合わせてくれる動物病院があります。

  • アカシア動物病院(東京都小平市)
  • アキホリスティック動物病院(東京都八王子市)
  • アリスどうぶつクリニック(埼玉県入間市)
  • アルファ獣医科病院(兵庫県神戸市)
  • こうご動物病院(東京都多摩市)
  • 斉藤牧場動物病院(千葉県柏市)
  • 佐々木動物病院(長野県飯田市)
  • まねきねこホスピタル(大阪府守口市)
  • もえぎの動物病院(神奈川県横浜市青葉区)
  • 渡邊動物病院(東京都立川市)

自然療法や代替療法、サプリメントに理解の深い病院です。

 

とくにいま、犬猫たちのあいだに蔓延している「がん」は、病気のつらさだけでなく治療の厳しさも犬猫たちに相当な負担となってしまいます。

大切な体力を削りすぎないように、治療全体を見渡して考えていくべきです。

そういった先生方の意見を聞いてみることは、きっと治療にプラスとなるでしょう。

動物病院の紹介、訪問レビュー

 

治療はより良い「統合治療」へ向かっていく

統合(とうごう)医療についてあらためて説明いたします。

これから広まっていくであろう新しい医療の姿ですので、ぜひその意味とメリットを理解しておいてください。

動物の統合医療

統合医療とは、西洋も東洋も自然療法も分け隔てることなく、良いものを組み合わせて実施される治療スタイルです。

日本ではまだまだ馴染みのない統合医療ですが、動物医療の先進国アメリカではすでに広まってきています。

 

 

ヒアリングとカウンセリングの重要性

統合医療において、飼い主様とのヒアリングやカウンセリングはとても重要です。

飼い主様の希望する治療を上手に聞き出し、いま納得できるもっとも良い治療が何かを探し出します。

 

同時に飼育環境や食事の内容、現在までの治療とその反応性、検査データなどから病気を引き起こしている根源を探ることを試みます。

統合治療を実施している獣医師たちは、「木を見て森を見ず」の正反対であり、枝葉の症状だけに目を奪われないように努めます。

 

 

私は獣医師ではありませんが、何年ものあいだ獣医師たちとの情報交換を重ねてきたおかげで、血液検査データをずいぶんと深読みすることができるようになっています。

薬学的な知識も備えておりますので、体の中で起こっていることをより広い視点から推測できるかもしれません。

 

ご愛犬ご愛猫に関するマニュアルはどこにもありません。

「よく見る目」と「良く聞く耳」、そして「治療法の引き出しの数」を備えた獣医師に出会うことが、病気克服への近道となることは間違いがありません。

 

ペットの健康は、私たち人間の幸せ

アニマルセラピーとは、犬を人の重症患者のもとに連れて行き、触れ合うことで痛みや不安などの軽減効果が認められている治療法です。

米国で実施されており、専門の団体もあります。

日本でもすでに老健施設に犬を連れて行く動物病院があり、お年寄りたちに活気が出てくる様子を目の当たりにしています。

アニマルセラピー

 

私たちはペットが人の健康寿命を伸ばしてくれることを当たり前だと考えていますが、近年それは科学的にも明らかにされつつあります。

人の社会にとって、犬や猫はいてもらわなくては困る存在なのです。

 

 

私たちは、「もし犬猫たちがいなかったら人は幸せになれない」と考えています。

これからも人と動物が共生する豊かな社会づくりに微力ながら貢献してまいります。

 

メディネクス株式会社代表・薬剤師

ペット健康アドバイザー 岡田憲人




 問い合わせ