犬猫用サプリメント-メディネクス株式会社
サポート電話番号
ペットの無料相談
がん、免疫が心配なときの健康サポートのサプリメント
Slider

犬と猫のサプリメントメーカー メディネクス株式会社

がん、悪性腫瘍の見出し

がんは通常、徐々に進行し、再発や転移を繰り返す性質を持っています。しかし現代の獣医学をもってしても、まだ「がん」という病気の解明には至っていません。

そのために、あまり意味のない治療や検査でも提案されてしまうことがあります。本当にご愛犬ご愛猫のためになる治療法を選択するために、飼い主様もある程度の知識を身につけておきましょう。

がん治療の前に学ぶ基礎知識

肝臓がん 肺がん 悪性リンパ腫
乳腺腫瘍(乳がん) 肥満細胞腫 血管肉腫

 

肝臓病の特効薬はありません。そのために肝機能の治療は長期に渡ることが多く、犬や猫たちにかなりのストレスをかけてしまうことがあります。

GPTなどの肝機能値が上がり続けるとき、肝臓の壊れるスピードが速すぎて肝臓の再生能力が追いついていないとも考えられます。肝臓の知識を身につけて、より良い治療を目指しましょう。

GPT(ALT)が高くなる病気 ALPが高くなる病気 肝硬変
肝臓病の種類

 

回復の知識の見出し

がんや肝臓病は、再発を繰り返しやすい現代の難病です。治療を動物病院に丸投げするのではなく、飼い主様も積極的に治療に関わったほうがより良い結果が得られやすくなります。そしてご愛犬ご愛猫も、誰よりも飼い主様によるケアを望んでいるはずです。

肝臓を回復に導くための考え方「五本槍治療」

 

メールマガジン「飼い主コミュ」

飼い主様向けの情報メルマガをお届けします。

ペットたちの健康維持を考えるとき、病気治療時のヒントを探しているとき、お役に立つかもしれません。

ホームページには書ききれないことも、どんどん紹介していきます。

メールマガジン「飼い主コミュ」

 

人と犬と猫を幸せにする、これからの動物医療のあり方

いま治療の主役は動物病院のように思われていますが、本来の主役は本人たち、その代理人である飼い主様です。

おそらくこれからは、飼い主様が治療を選択し、動物病院や我々がそれをサポートする形に変わっていくことでしょう。

 

その新しい医療の形は「統合医療」と呼ばれています。

遅れている日本を尻目に、動物医療の先進国アメリカでは広く認知され、大手の動物病院はみな統合治療を提供しています。

私たちは有益な情報提供とサプリメント製品をもって、全国の飼い主様を応援いたします。

 

ご愛犬ご愛猫の健康を、私たちが応援いたします。

私はペット健康アドバイザーの岡田と申します。

動物医療に通じる薬剤師として、みなさまの家族であるペットたちの健康にとても関心があります。

 

私は犬猫たちの健康と長生きが人々を幸せにし、心豊かな社会に導くと確信しています。

犬猫たちにつらい負担を強いる治療があれば、できるだけ別の治療に代替したほうが良いと考えています。

なぜならば、動物に与える肉体的なストレス、精神的なストレスが治療効果をキャンセルしてしまう可能性があるためです。

 

全国には同じ考えを持つ獣医師たちがおり、彼らの多くはすでに代替療法を実施しています。

私たちは力を合わせ、新しい動物治療の普及活動に努めています。

2017年4月現在、弊社と協力関係にある獣医師たちをご紹介いたします。(五十音順)

  • アカシア動物病院 清水無空先生
  • アキホリスティック動物病院 菅野晶子先生
  • アリスどうぶつクリニック 廣田順子先生
  • アルファ獣医科病院 森内利郎先生
  • こうご動物病院 向後亜希先生
  • 斉藤牧場動物病院 齋藤温子先生
  • 佐々木動物病院 佐々木将雄先生
  • 清水獣医科医院 清水博幸先生
  • まねきねこホスピタル 石井万寿美先生
  • もえぎの動物病院 後藤秀寛先生
  • 渡邊動物病院 渡邊正俊先生

紹介した先生方の多くが、すでに統合医療にもとづいた新しい治療を始めています。

特に新しいがん治療に積極的であり、抗がん剤を使わずに延命したり、回復した犬猫たちの症例報告を私はいくつも見せてもらっています。

 

いま「がん」は犬猫たちのあいだに蔓延しており、厳しいがん治療に耐えている犬猫たちが大勢います。

限界の見えている西洋治療を代替する、新しい治療には希望があり、きっとこれからの動物医療を変えていくと私は信じています。

 

 

治療はより良い「統合治療」へ向かっていく

統合(とうごう)医療についてあらためて説明いたします。

これから広まっていくであろう新しい医療の姿ですので、ぜひその意味とメリットを理解しておいてください。

動物の統合医療

統合医療とは、西洋も東洋も自然療法も分け隔てることなく、良いものを組み合わせて実施される治療スタイルです。

日本ではまだまだ馴染みのない統合医療ですが、動物医療の先進国アメリカではすでに広まってきています。

 

いまなぜ統合治療に向かい始めているのでしょうか。

ひとつの理由は、検査方法やコンピュータ解析が進歩して、人を含めたビッグデータを活用できるようになってきたためです。

 

いままではエビデンス医療と呼ばれる、「他の犬に効いたから、あなたの犬にも効くかもしれない」といった治療でしたが、それが「あなたの犬を調べたところ、この治療が効きそうだ」という個別提案型のテーラーメイド治療が可能となってきました。

またインターネットの普及が飼い主様の知識レベルを高め、セカンドオピニオンやサプリメント使用※が当たり前になり、統合治療への下地が整いつつあることも挙げられます。

※健康サポートとして

 

統合治療では、医療の中心はペットと飼い主様であり、病院がマニュアル通りの治療を押し付けることはしません。

西洋医療、先進治療、自然療法(ホリスティック医療)、東洋医学、鍼灸、漢方など、治療に役立つものを組み合わせていくことが可能であり、動物病院は飼い主様の希望に基いて提案し、そしてサポートしていきます。

 

日本に蔓延している「がん」や「肝臓病」といった生活習慣に起因する病気は、オーソドックスな西洋医学だけでは限界があることがはっきりしています。

効果の薄い治療に固執してしまい、逆に犬猫たちの体を傷めつけたり、長期通院による精神的なダメージから状況を悪化させるケースも目立ち始めています。

 

「他のペットに効いたのだから、あなたのペットにも効くはずだ」という治療にはメリットがあることも確かですが、デメリットばかり受けてしまう子がいることも確かなのです。

これからの獣医師に求められるのは、他の子ではなく目の前の子をしっかり見る目と、より多く治療の選択肢を持つこととなるでしょう。

 

すでに統合治療を実施している獣医師の何人かは、あきれるほど勉強熱心です。

休日を知識や技術の習得のため当てたり、セミナーや講演で情報発信したりと、プライベートな時間を削りまくっている獣医師もいます。

 

もしマニュアル治療だけを推奨するのであればとても楽だったかもしれません。

知らないことは学ばなくても、「標準治療以外は根拠が無い」とひとことで片付けることもできたはずです。

 

ですが動物医療の先進国であるアメリカの流れは必ず日本にもやってきます。

これからの時代は、飼い主様と動物たちを中心にした医療に変革され、動物医療は必ず良い方向に進んでいきます。

 

ちなみにですが総合(そうごう)医療と統合(とうごう)医療はまったく異なる別物です。

総合医療といったときは、単にいろいろな科目の西洋治療を施せるといった意味ですので、病院を選ぶ際にはお気をつけください。

 

ヒアリングとカウンセリングの重要性

統合医療において、飼い主様とのヒアリングやカウンセリングはとても重要です。

飼い主様の希望する治療を上手に聞き出し、いま納得できるもっとも良い治療が何かを探し出します。

 

同時に飼育環境や食事の内容、現在までの治療とその反応性、検査データなどから病気を引き起こしている根源を探ることを試みます。

統合治療を実施している獣医師たちは、「木を見て森を見ず」の正反対であり、枝葉の症状だけに目を奪われないように努めます。

 

しばしば飼い主様が得ている情報はネット上のブログ記事や、西洋治療の動物病院からの説明だけに留まります。

そのために選択肢が非常に限られており、それ以外の新たな治療情報に触れる機会がほとんどありません。

 

統合医療の獣医師たちは、ヒアリングから病気の根本的な原因をある程度絞ると、カウンセリングによって飼い主様の考え方に合致したいくつかの治療方法を提案してくれるでしょう。

もちろんオーソドックスな治療だけで改善することもありますが、根本原因を放置したままでは高確率で再発してしまうために、多くの獣医師はヒアリングとカウンセリングに力を入れています。

 

ヒアリングやカウンセリングには時間がかかります。

ですが病気の根本原因をみつける大切な作業であり、結局は近道なのです。

 

ちなみに弊社の電話相談をご利用いただいた方にはわかると思いますが、私も徹底してご愛犬ご愛猫の体調、飼育環境、食事の内容を聞き出すようにしています。

そのため初回の相談は30分から1時間以上に及ぶこともあります。

 

私は獣医師ではありませんが、何年ものあいだ獣医師たちとの情報交換を重ねてきたおかげで、血液検査データをずいぶんと深読みすることができるようになっています。

薬学的な知識も備えておりますので、体の中で起こっていることをより広い視点から推測できるかもしれません。

 

獣医師には能力差があるという事実

誤解を恐れずに言わせてもらえいますと、獣医師には歴然とした能力の差が存在します。

知識の差、技術の差、聴く力・説明力の差、創意工夫能力の差、これらは年齢だけに左右されるものではなく、獣医大学卒業後に何を学んできたか、そして動物医療を進歩させるのだという気迫によって大きく差がつきます。

 

たとえば同じ血液検査データから読み取る情報量は、能力によって数倍の開きがあります。

エコー検査は特に差が開きやすく、下手をすると見つけられる病気を見逃すことさえあり得ます。

 

獣医師の差をわかりにくくマスクしているのが教科書通りのマニュアル治療です。

危険な抗がん剤治療でさえも、手引書さえあれば初めてでも実施できてしまいます。

 

しかし考えてみれば、ご愛犬ご愛猫に関するマニュアルはどこにもありません。

「よく見る目」と「良く聞く耳」、そして「治療法の引き出しの数」を備えた獣医師に出会うことが、病気克服への近道となることは間違いがありません。

 

ペットの健康は、私たち人間の幸せ

アニマルセラピーとは、犬を人の重症患者のもとに連れて行き、触れ合うことで痛みや不安などの軽減効果が認められている治療法です。

米国で実施されており、専門の団体もあります。

日本でもすでに老健施設に犬を連れて行く動物病院があり、お年寄りたちに活気が出てくる様子を目の当たりにしています。

アニマルセラピー

 

私たちはペットが人の健康寿命を伸ばしてくれることを当たり前だと考えていますが、近年それは科学的にも明らかにされつつあります。

人の社会にとって、犬や猫はいてもらわなくては困る存在なのです。

 

 

私たちは、「もし犬猫たちがいなかったら人は幸せになれない」と考えています。

これからも人と動物が共生する豊かな社会づくりに微力ながら貢献してまいります。

 

 

メディネクス株式会社代表・薬剤師

ペット健康アドバイザー 岡田憲人

お問い合わせページ
▲ページの先頭へ
スマホ用メニュー