犬猫用サプリメント-メディネクス株式会社
サポート電話番号
Image is not available
がん、免疫が心配なときの健康サポートのサプリメント
ペットのがん、肝臓病の相談
Slider

【がん免疫が心配なときの健康サポート】犬猫サプリメント・プライオ

メディネクスの電話番号
がん、免疫アップの健康サポート・サプリメント
免疫低下が心配なときに、サプリメント「プライオ」をお役立てください。

各種のがん(悪性腫瘍)やパルボ、FIP(猫伝染性腹膜炎)などのウイルス疾患で、免疫改善が必要なときプライオがお役立ちする可能性があります。※

 

プライオは国産100%冬虫夏草から特殊な方法で得られた強化培養物を豊富に含む製品です。

反応の良いときは、1ヶ月程度で実感される方も少なくありません。

まずは一度お試し頂きたく存じます。

 

動物病院でも利用されており、その有益性※、安全性を確認しております。

すでに治療が始まっており新たにサプリメントを検討されているときでも安心してプラスできます。

治療を受けることができない場合であってもプライオを単独で与えてみる価値があります。

 

がんが見つかった初期、がんの進行や再発があるとき、まずは1ヶ月お与えください。

もちろん健康なうちから予防を意識する犬猫たちにも、自宅で簡単に与えることができます。

 

※健康サポートとして

プライオの開発ストーリー

 

製品のお問合わせ、がん治療の相談はこちらから

プライオを使った犬の一例

肺腫瘍で闘病中の大型犬です。

このレントゲン画像に写っている腫瘍は、2ヶ月ほど前に比べると縦横20%以上大きくなっています。

もしかすると1ヶ月後には急変しかねないような、かなり厳しい状況の肺がんと推測されます。

 

犬の肺がんが成長

ボランティアさんが面倒を見ている大型犬で、費用やリスクの面から積極的な治療は見送ることにしました。

その代わりにプライオを与え続けていますが、8ヶ月以上経っても元気で普通に生活できています。

手術や抗がん剤治療を望んでいないため、検査を受ける必要もなくなりました。

ボランティアさんからお礼の手紙をいただき、掲載も快く承諾していただいております。

サプリメントのお礼の手紙

 

お礼の手紙

※個人的感想としてもご紹介です。

プライオを選んでいる動物病院

プライオを選んでくださっている動物病院をご紹介いたします。(五十音順)

  • アカシア動物病院 清水無空先生
  • アキホリスティック動物病院 菅野晶子先生
  • アリスどうぶつクリニック 廣田順子先生
  • アルファ獣医科病院 森内利郎先生
  • かも動物病院 伊藤宏泰先生
  • こうご動物病院 向後亜希先生
  • 佐々木動物病院 佐々木将雄先生
  • 清水獣医科医院 清水博幸先生
  • まねきねこホスピタル 石井万寿美先生
  • もえぎの動物病院 後藤秀寛先生

※2017年4月現在

 

プライオを健康サポートとして与えたお客様の声

肺がんが心配だった大型犬の健康サポート日記へ

(LGL)リンパ腫が心配だった猫の健康サポート日記へ

 

…もっと見る(ヤフーショッピングのレビューページへ)

 

 

※個人感想としてのご紹介です。

 

プライオは、次のような犬猫たちにおすすめいたします。

プライオは、次のようなときにお与えください。

  • がんの成長・進行を食い止めたいときの健康サポートトとして
  • がん治療の健康サポートとして
  • 抗がん剤による副作用を軽減させる健康サポートとして
  • がん治療ができない、受けさせたくない場合の健康サポートとして
  • がん治療後の、再発の心配のときの健康サポートとして
  • がん治療前の、健康維持として

 

お与えいただきたい癌腫

  • 悪性リンパ腫
  • 乳腺腫瘍(乳がん)
  • メラノーマ(口腔内、体表)
  • 上記以外の各種がん
  • 転移した末期がん
  • 再発がん

 

がん治療の健康サポート目的で、次のようなときにもお役立てください。

  • 腫瘍の切除手術の前後
  • 手術不可能なケース
  • 抗がん剤治療中
  • 抗がん剤治療不可能なケース
  • 治療後の再発

 

まず一ヶ月ほどお試しいただき、検査結果や、体調の変化、健康度などからご判断ください。

治療後の健康サポートに

がんは極めて再発しやすい病気であり、西洋医学的な治療だけでは再発を食い止められていないのが現状です。

完璧な治療を受けたとしても、がん細胞は必ず残存しますので、再発の健康ケアとしてプライオの開始をおすすめいたします。

 

 

がん予防を意識した健康維持のサポートに

プライオは健康を害する心配がほぼなく、がん予防等の健康維持を意識してお与えいただけます。

  • 健康だが、がん予防を考えている。
  • シニアになり、免疫低下を心配している。
  • 良性の腫瘍がよくできる。
  • ステロイドをよく使うので、免疫力の低下を心配している。

 

西洋医学的ながん治療は、犬猫たちにとって辛く厳しい治療であるため、発がんさせないための予防的なケアがとても重要です。

日常のケアとしてプライオを与えることは、将来を考えた時にとても前向きな取り組みとなります。

 

この場合の投与量は標準量よりもかなり少なくて構いません。

後述しておりますのでご参照ください。

 

ウイルス性疾患を治癒させるような一般的な治療はなく、状況改善は犬猫たちの免疫力にかかっています。

プライオの主原料である冬虫夏草の強化培養物と有機ゲルマニウムが相乗的にお役立ちして、免疫が心配な犬猫たちの健康をサポートします。

 

がん、免疫が心配な犬猫たちへ
プライオをすぐにお届けします。

犬猫のがんのサプリメント

プライオ45g入り 税込9980円

インターネットからのお申込み

月曜日~土曜日14時までのご注文は当日発送で、最短翌日のお届けです。

弊社オンライン直売店
クレジットカード、銀行振込、代金引換に対応しています。

 

味のチェックなどに、サンプルをお届けしています。
※製品を初めてご注文いただく方には、自動的にサンプルを追加してお届けしています。
サンプルのお申込みはこちら

 

ヤフーショッピングにも弊社の店舗があります。

メディネクスヤフーショッピング店

 

電話でのお申込み

16時くらいまでのご注文は当日発送、最短で翌日お届けいたします。

メディネクス株式会社:0265-49-8934

病気の治療相談、食事の相談なども同時に承ります。

 

 

 

プライオの製品概要

プライオは、日本の自然から得た冬虫夏草を完全なコントロール下で強化培養し、産生する「冬虫夏草培養物」を含有させたサプリメントです。

一般的な冬虫夏草パウダーとは似て異なるオリジナル・サプリメントです。

 

以下、製品の概要です。

名称 メディネクス-プライオ
原産国 日本
原材料 冬虫夏草培養物(玄米、冬虫夏草菌)、有機ゲルマニウム
内容量 45g
性状 黄褐色のパウダー
容器 密閉式プラスチックボトル

セキュリティーキャップ(ふた)

価格 税込 9,980円

玄米は冬虫夏草を育成するたの培地として、完全無農薬栽培の玄米を100%使用しています。

有機ゲルマニウムは朝鮮人参などに含まれる物質で、免疫力の活性化や抗ウイルス作用、痛みの軽減などが期待できるうえ、安全で犬猫たちの健康を害する心配がありません。

 

なお植物培地で人工培養された冬虫夏草には有機ゲルマニウムはほとんど含まれていません。

有機ゲルマニウムを加えることにより、冬虫夏草培養物の作用だけでは抑えがきかない腫瘍に対して、相乗作用が期待できると考えられます。

※有機ゲルマニウムの質が悪いとき、一部で体を害する反応が出るとの情報がありますが、プライオには最高水準とされる品質の有機ゲルマニウムを使用しております。

 

 

成分分析表

プライオの成分構成は以下のとおりです。

分析項目 分析結果 分析方法
水分 5.8g/100g 常圧加熱乾燥法
たんぱく質 7.3g/100g ケルダール法
脂質 2.8g/100g 酸分解法
灰分 1.7g/100g 直接灰化法
炭水化物 82.4g/100g 計算による
エネルギー 384kcal/100g 計算による
ナトリウム 3mg/100g 原子吸光光度法
食塩相当量 0.01g/100g未満 未満計算による
カリウム 323mg/100g 原子吸光光度法
リン 281mg/100g バナドモリブデン酸吸光光度法

塩分やカリウム、リンを制限中の犬猫たちにも安心して与えることができます。

※この検査は弊社の自発的な取り組みの一貫であり、ペット用サプリメントにはここまでの成分分析とデータの開示は求められていません。

 

冬虫夏草培養物について

冬虫夏草培養物は、冬虫夏草を特殊環境下で培養したときに得られる物質群であり、自然界に自生する冬虫夏草からはほとんど得ることはできません。

この冬虫夏草培養物を大量に含ませたものが弊社のオリジナル・サプリメント「プライオ」です。

 

弊社の特殊な製造方法により、冬虫夏草自体はもちろんのこと、この冬虫夏草培養物を効率的に増加させることが可能となり、私たちはこれを強化培養物と呼んでいます。

本来は昆虫に寄生して育つ冬虫夏草を、植物性の培地で培養する技術を利用し、衛生的かつ安全に増加させることが可能となっています。

 

弊社の冬虫夏草培養物を、がんの犬猫たちに投与したとき、短期間で良い反応が現れることがあります。

プライオはあくまでサプリメントというジャンルではありますが、場合によっては抗がん剤を凌ぐ有用性を発揮すると考えております。

 

 

プライオの投与量

粉のサプリメント

プライオの基本的は投与量と与え方は次のとおりです。

  • がん治療の補強を目的として、体重1kgあたり0.4gを1日量とする。
  • 上記を1日2~5回に分割して与える。

 

プライオの投与量は、犬猫たちの状況によって変わります。

以下の推奨量を参考に与えてください。

 

1日の投与量目安(体重1kgあたりのプライオの量)

目的 状況など 体重1kgあたり 体重5kgのとき
がん予防 低リスク

若い、健康

0.04g 0.2g

225日分

高リスク

シニア、免疫低下時、ワクチン接種の前後、多頭飼い

0.1g 0.5g

90日分

がん治療中 手術前後、抗がん剤治療中 0.4g 2g

22.5日分

再発コントロール 手術後、リンパ腫の寛解後

上記は経験から導き出した最適量と考えていますが、あくまで目安量です。

ご愛犬、ご愛猫の体調変化をよく観察し、状況に応じて加減していただいて構いません。

 

 

投与方法・与え方の工夫

プライオはパウダー状で、食事にふりかけるだけで簡単に与えることができます。

多くの犬は好み、そのままでも、水に溶かしても、食事やフードにふりかけるだけでも食べてくれます。

 

プライオの嗜好性の高さ(風味の良さ)は、獣医師たちも認めています。

ほとんどの犬は好んで食べ、猫も警戒心が強くなければそれほど嫌がるケースはないでしょう。

 

基本的な与え方

  • 1日の投与目安量を2~5回に分割して、食事に混ぜて与えてください。

使用者から教えていただいた話をまとめると、同じ投与量の場合は数多く分割したほうが反応が良いという傾向がございます。

 

次のように与えても構いません。

  • 食事が1日1回なので、分割せずにまとめて与える。
  • 起床時や就寝前などの空腹時に与える。
  • 飲水に溶かしておき、気が向いたときに飲ませる。

 

与え忘れたとき、あまり深刻に考える必要はありません。

次の中から、ストレスのない対応をお選びください。※推奨順

  • 気が付いたときに、すぐに一回分与える。
  • 次回に2回分をまとめて与える。
  • 忘れた分は無しにして、次回からしっかり与える。

 

食欲低下時など、次を参考にして与えてください。

食欲あり たいていは食事にふりかけたり、混ぜ込むことで食べてくれます。
食欲低下気味 飲水に混ぜても構いません。食事をスープ仕立てにして、プライオを混ぜても構いません。
食欲なし シリンジ(注射筒)で流動食を与えているのでしたら、そこに混ぜ込んでください。
経鼻チューブ※ チューブが詰まらない程度のプライオを流動食や水に混ぜて与えてください。
飲食不可能 残念ながらプライオを与えるのは難しいと思います。

※十分な水に懸濁したプライオは、細いチューブであっても難なく通過します。

 

味を好まないときの工夫

  • かつお節、コンソメパウダーなどと混ぜてみる。
  • 薄いコンソメスープ、味噌汁などに溶かしてみる。
  • 海苔やスライスチーズに巻いてみる。
  • 1/10量くらいから始めて、慣れてきたら徐々に増やす。

スープの塩分を心配する方がいると思いますが、100ccの水に1g程度の塩分なら点滴の塩分とほぼ同じです。

薄めに作っていただければ問題もありません。

 

健康のために塩分を徹底して抜くという考え方は、実はとても非科学的です。

陸上哺乳類は塩分不足に陥ると生命力・活力が低下してしまうため、行き過ぎた塩抜きは、がん治療に悪影響を及ぼしかねません。

 

継続するか、中止するかの判断

プライオの反応は1ヶ月程度を目安に判断してください。

早期に運動量の増加、眼力の向上など見られるとき、継続して観察してください。

 

腫瘍が目に見える場所にあるとき、その変化も観察してください。

あきらかな食欲の増進、体力の向上、毛並みの改善があるとき、状況は良い方向に進みだしていると考えられると思います。

 

プライオの安全性

プライオは医薬品ではなくサプリメントであり、抗がん剤やステロイド剤のような副作用を心配する必要はありません。

体力が低下しているときでも犬猫たちにダメージを与えず、抗がん剤治療と併用するときでも副作用を強めるような心配がありません。

むしろ体力を高めることを期待してお役立てください。

 

また安全性を損なうような余分な物質を一切添加していません。

添加物の例 添加の有無
味付け剤(フレーバー)、甘味料 添加なし
漂白剤、着色剤 添加なし
防カビ剤、殺虫剤、殺菌剤 添加なし
酸化防止剤、pH調整剤 添加なし
賦形剤、かさ増し剤 添加なし

ときとしてこれらの添加剤は、がんの成長を促す可能性があるためにプライオには一切使用しません。

またプライオは契約農家が超低農薬栽培した玄米のみを使用し、免疫を狂わす残留農薬(除草剤や殺虫剤、成長促進剤など)の心配がほぼありません。

 

安全性のチェックのため、複数の動物病院でテストを実施していますが、現在のところ副作用や健康被害の報告はありません。
がん(悪性腫瘍)で悩んでいるすべての犬猫たちに、プライオが力添えになることを願っております。

 

プライオをすぐにお届けします。

犬猫のがんのサプリメント

プライオ45g入り 税込9980円

インターネットからのお申込み

月曜日~土曜日14時までのご注文は当日発送で、最短翌日のお届けです。

弊社オンライン直売店
クレジットカード、銀行振込、代金引換に対応しています。

 

味のチェックなどに、サンプルをお届けしています。
※製品を初めてご注文いただく方には、自動的にサンプルを追加してお届けしています。
サンプルのお申込みはこちら

 

ヤフーショッピングにも弊社の店舗があります。

メディネクスヤフーショッピング店

 

電話でのお申込み

16時くらいまでのご注文は当日発送、最短で翌日お届けいたします。

メディネクス株式会社:0265-49-8934

病気の治療相談、食事の相談なども同時に承ります。

公開日:2016年5月15日

更新日:2017年7月22日

お問い合わせページ メールマガジン登録ページ
▲ページの先頭へ
スマホ用メニュー