犬猫用サプリメント-メディネクス株式会社
サポート電話番号
Image is not available
がん、免疫が心配なときの健康サポートのサプリメント
ペットのがん、肝臓病の相談
Slider

飯田市のおしゃれな農家カフェ!風の音

kazenone05

長野県飯田市で私が一番好きな場所、カフェ風の音(かぜのね)を紹介します。

街中のカフェとはちょっと違って、季節を楽しめるおしゃれな喫茶店です。

 

風の音はちょっとした山の中にあって、正直に言いましてあまり人は来ません。

そこがまた隠れ家的で、お気に入りの理由。

 

農家でもあるオーナー夫婦は、シーズンになれば田んぼや山の管理で大忙し。

店の前に広がる11枚の田んぼは、とことん減農薬。

 

農薬を減らすから手作業が増えてなおさら忙しい。

カフェもあまり繁盛するとたいへん。

 

それでも私は、多くの方にカフェ風の音を知ってもらいたい。

私と同じ感動を味わってほしい。

 

というわけで、店主に許可をいただいてご紹介します!

犬が大好きな店主と奥様

オーナーのご夫婦はキャバリアの飼い主さん。

おふたりとも犬が大好きです。

 

特に奥様は、犬連れのお客様が来たらもうたいへん。

犬に触りたくて触りたくて、店から飛び出してしまうそうです。

 

と私に教えてくれているうちにも、なんか興奮気味・・・

犬好きというより、むしろもう犬なのでは?

 

いちおうワンコが入っていいのはテラスまでです。(奥様はワンコではありません)

テラスにも席があって暖かい日は一緒にお茶できます^^

癒やしのインテリア

kazenone04

私は夕方に行くことが多くて明るい写真が少ないかもしれません。すみません。

兎にも角にも、風の音はこだわりの内装が素敵すぎです。

 

初めて行ったとき、ちょっと衝撃的で、「なぜだ?なぜこんなにハイセンスなカフェが飯田の山奥に?」とキョロキョロして落ち着かず。

そして頃合いを見て、「あれは何?これは何?なんでこの色?というか何の色ですか!」と奥様を質問攻めにしたものです。

 

みなさまは、どうかほどほどにしてあげてください。

その代わり、私が聞き出した情報を一部提供いたします。

 

白い壁に映える柱の色、カウンターの色、床の色は柿渋です。

kazenone09カウンター内で目を引く大きな収納庫は長野の北部で買い付けたもの。

その上のノコギリは昔使っていた農具。

3脚のテーブルのうちガラス天板の1脚は、ピアノを模した手作りの一品。

 

全体的に和モダンで統一しながらも、お手洗いはバリ島をイメージしたという謎仕様。

kazenone07店内には松ぼっくりのオブジェが多数。

泣く子も黙るほどの巨大な松ぼっくりは必見。

 

オブジェに一体化して、販売品の手作り小物があちこちに飾られています。

私の乙女心もギュンギュンうなります。(おとこですけど)

 

ちなみに私が唯一お連れしたお客様、獣医師の石井万寿美先生(まねき猫ホスピタル院長)は、その手作り小物がど真ん中のストライクだったよう。

おもわず「まじすか!?」と叫ぶくらい買い漁ってました。

 

という私もこんど実家へのお土産に大人買いを敢行する予定です。

kazenone03

写真の右側の棚には、お宝が大量にあります。

奥様は「ぜんぶ手作りだから、たくさん売れるとたいへんなのよ」などと言いますが、どうも手作りが大好きみたいです。

そのあいくるしい笑顔から容易に察することができました。

kazenone02

こちらは外観です。

太陽の低い冬は、すぐに向かいの山の日陰に入ってしまいます。

 

テラスの前方に少々無骨な木の杭が何本も打ち込んであるのが見えるでしょうか。

これはカナダの鉄道レールの枕木です。こだわりすぎ。

 

ちなみに写真の右手に駐車場があります。

「岡田さんの車だと2台くらいしか停められないけど、普通は5台くらい大丈夫よ」と爽やかに教えてくれました。

 

たしかに私の商用ワンボックスみたいな車は大きいです。

けっこう邪魔かもしれません・・・すみません。

 

駐車場とお店までの短い歩道の両脇に、いろいろな草木が植えられています。

撮影日が冬まっただ中の2月なのでお伝えしきれませんが、春から秋にかけてはお客さんを楽しませること間違いありません。

実は地元で人気のグルメ店

飯田市民にほとんど知られていないカフェ風の音ですが、周辺地区ではグルメ店として評判との情報。

食事を出すのはランチ時間や予約のときだけで、看板メニューはカレーライス。

 

このカレーライスが相当美味しいと地元で評判のようです。

私はご夫婦との会話目的で通っているので、混雑するランチ時間には行ったことがなく、カレーライスは私の幻メニューです。

 

なのですが、本日は付け合せのサラダを初めていただきました。

私の経験上、人から「美味しいから食べてみて」と言われるとき、実際に美味しい確率は20%程度。

 

しかし美味しい!

 

なぜだ?たかがサラダなのに?と自問自答していると、「自家製レモンドレッシングなの~」と奥様。

たしかにうちの冷蔵庫のコールスロードレッシングとはぜんぜん違う!(あたりまえ)

 

というわけで、混雑が嫌いとか言っていられなくなりました。

近いうちに必ず幻のカレーライスを食べるとを誓います。

 

※その後、カレーライス頂きました!また記事にします。

kazenone08

獣医師の石井万寿美先生とツーショット。(奥様撮影)

追伸

私が初めて風の音を見つけたのは、グーグルマップでもなく、飯田市ガイドマップでもなく、ただ飯田市の全景を見渡せる山に行った帰り道でした。

ちょっとした急カーブに差し掛かったとき、自然に溶け込みつつちょっと違和感のある、ただならぬ印象の店が視界に入りました。

 

そのまま行き過ぎて300mほどだったでしょうか。

戻れ戻れ!バックバック!と心が叫んだような叫ばなかったような。

 

とにかく私は戻って、何屋かわからない店に入ってみることにしました。

それが風の音との出会いでした。

 

当時はまだ飯田市に来たばかりだった私に、奥様はいろいろなことを教えてくれました。

飯田の気候、山の天気、飯田の農家に嫁いできたこと、農業の大変さと楽しさ、犬が大好きなこと、犬と辛い別れがあったこと、念願のカフェを開いたこと。

 

私はカフェ風の音が大好きですが、オーナー夫婦が大好きなのかもしれません。

ちなみにお店から帰るとき、奥様が必ずテラスから手を振ってくれます。

 

とても嬉しいのですが・・・聞いた話によると、私の車に似た車を見つけると、容赦なく手を振っているそうです。

先日、仕事中に「今日は来てくれたのに、急にお休みしてすみません。」と奥様からのメール。心当たりなし・・・

 

どうやら似た車を見かけたらしく、手を振ったら振り返してくれたので、私だと思ったとのこと。

その見知らぬ誰かに「奥さん、どれだけ営業熱心なの!」って思われていないか心配です。

 

そういえば私の飼っていた犬も、車のエンジン音なのか走行音なのかわかりませんが、家族の帰宅を事前に察知していたなあと思い出しました。

やはり奥様、犬が好きすぎて、もはや犬なのかもしれません。

kazenone01

テラスにちょこんと置いてあるお店の看板です。

こうしてあらためて見てみると、お店のコンセプトをしっかり表している看板です。

kazenone06

弊社のサプリメントの商品撮影にも快く協力していただいております。

感謝感謝!^^

 

撮影中、なぜか目を伏せて必要以上に息を潜めるご夫婦。

写真ですから音は拾いませんよ~

 

ますます風の音ファンになってしまう私です。

 

ちなみにこのサプリメントは贅沢極まりない?犬猫用のサプリメントです。

もし興味がありましたらぜひご参照ください^^

【犬猫用サプリメント】プラセンタ-クレア

 

プラセンタはいいですよ~

私も飲んでます!

風の音アクセス

カフェ・風の音(かぜのね)

〒399-2611 長野県飯田市上久堅1178

17時閉店(話が盛り上がっていると少々延長することあり)

休業日:毎週木曜日と第四金曜日

公開日:2016年2月16日

更新日:2017年5月1日