犬猫用サプリメント-メディネクス株式会社
サポート電話番号
ペットの無料相談
がん、免疫が心配なときの健康サポートのサプリメント
Slider

岡田憲人の紹介

okadanorihitoメディネクス株式会社

代表・薬剤師 岡田憲人

1969年6月3日生

比較統合医療学会所属

基本理念はWin-Win。前向きに物事を捉えるタイプで、またそのような方々に出会えると本当に嬉しくなります。食事は基本的になんでも食べますが、1日2食か1食にして自身の健康管理としています。そのおかげか最近は病院にかかった記憶がありません。

2015年10月、獣医師の佐々木先生とともに、メディネクス株式会社を創業いたしました。事業と研究開発に打ち込むため、単身赴任で飯田市に来ております。家族と離れて暮らすのはかなり寂しいことですけれど、お客様に喜んでいただける仕事を続けられることが、いまは何よりも嬉しいことです。もっともっとという思いが強く、この歳になってもいまだに自己研鑽に努めています。

ペットの健康相談には、私が直接対応いたします。得意の薬学や獣医学はもちろん、腫瘍学、免疫学、栄養学などの知識を駆使して、根拠のあるアドバイスを心がけています。ペットの病気を左右してしまう、飼い主様のマインドについてもお話いたします。なにかお役に立てることがありましたら、ご相談ください。

すこし正義感が強すぎるところがあり、そのせいでサラリーマン時代はずいぶんと試練を味わってきました。これは私の長所かもしれませんし、短所かもしれません。まるでドラマのような辛い体験を何度も味わいました。でも今はそれらすべてが成長の糧です。

オーケストラでコントラバスを弾いていました。背が低くいので1時間の交響曲を弾くとヘトヘトに。ですがオーケストラと今の仕事には意外と共通点も多いと感じています。人と動物の調和、明るい旋律、心にしっくり来るテンポなど、うまく表現しにくいところなのですが、私の考え方のベースになっていると思います。

ペット医療業界との出会い

薬剤師である私が、動物医療に携わるようになったのは前職でのことです。

動物医療事業部を立ち上げ、信頼できる獣医師やお客様に囲まれ、そして私自身も天職だと感じながら働いていました。

 

ところが私はその会社に嫌気が差し、ついには辞めてしまいました。

嫌だったところ数えるとキリがありませんが、たとえばこのようなことです。

  • 会社を経営方針、とくに人用サプリメントの販売方法は倫理的に許せなかった。
  • クリーニング屋の一角にあり、ときおり胃酸が逆流するような臭いに悩まされた。
  • 車用のサンシェードが汚らしく貼られた窓、物干し竿と針金がくくり付けられた格子、波打った床、とても人を呼べるような部屋ではなかった。
  • 他社の技術を盗用したり、通信を盗聴していた。
  • 私の白髪が増えて、友人に老けたと言われた。

「ここは骨を埋めるような会社ではない」とは、半分騙されて入社したときから感じてはいました。

けれども、家から近い、義理などの理由からずるずると続けていたのは、自分のあまい部分からです。

基本的に私は自分にあまいところがあり、とくに当時はひどかったと思います。

 

前職では素晴らしい仕事を見つけ、そして豊富な経験を積むことができました。

しかし同じ薬剤師である妻と相談して、「彼らと働き続けるのはまずい」という結果に至り、退職を決断しました。

最後まで彼らを更生させいようと努力は続けましたが、残念ながらそれが叶うことはありませんでした。

会社創業のきっかけ

辞めるにあたって、信頼していた獣医師たちが応援してくれました。

なかでももっとも応援してくれて頼りになったのが獣医師の佐々木先生です。(現メディネクス株式会社の副代表です。)

彼との出会いがなければ、まだ前の会社でストレスに侵されながらもずるずると働き続けていたかもしれませんし、もしくは調剤業界に転職することになっていたかもしれません。

 

「一緒に長野県飯田市に会社を作り、もっと良いサプリメントを開発しよう」

 

佐々木先生と話し合いの中で生まれたアイデアはあまりに魅力的でしたし、実現の可能性も十分にありましたから、決断するのにあまり時間はかかりませんでした。

しかしそれは同時に、家族と離れて暮らすことを意味する辛い決断でもありました。

創業しばらくの辛い時期

土地勘もなく、家族も友人もいない飯田での生活は冬の寒い時期からスタートしました。

まだ研究所を借りることができていなかったので、単身赴任のアパートに手作りの設備を整え、とにかくサプリメント研究に着手しました。

 

研究では、冬虫夏草をいかに効率よく培養できるかが最大の課題であり、製品化までに必ずクリアしなくてはならないのですが、頭では解っていてもなかなか実際には難しいことです。

最初の頃は失敗の焦りから、研究はしばしば夜中にまで及びました。

 

売上がなく、経費ばかりがかかり会社のお金はみるみるなくなり、何度にも渡って自分のお金を注ぎ込みました。

個人の収入も激減しており、ネガティブなことばかりを考える毎日です。

「このまま製品が開発できなかったら、いったい家族たちをどうやって食べさせていけば良いのだろう」

 

朗報が飛び込んできたのは、そんなときです。

飯田アルプス研究所の始動

事業の将来性が飯田市に認められ、研究施設を無償で貸し出してくれることになりました。

この研究施設への入居は当初なかなか認めてもらえず、それもネガティブマインドの一因になっていました。

資金は相変わらず厳しい状態でしたが、心の状態も良くなりましたし、これで一気に研究ペースが速まるはずです。

 

やがて試作品が完成し、何人かの獣医師たちがテストしてくれることになりました。

ずっとひとりぼっちで研究してきた私にとって、獣医師たちの応援はとても頼もしく、あたたかく、体に力がみなぎってくるように感じました。

広い飯田アルプス研究所で、ひとり活気づく私でした。

プライオ発売

そしてついに自社開発サプリメント「プライオ」の発売の時が来ます。

前職で販売していたコルディMというサプリメントを超えることを目的に、寝る間も惜しんで研究に明け暮れた苦労が、やっと実を結んだ感無量の時です。

 

研究の成果で冬虫夏草の培養効率は飛躍的に向上しており、動物病院からのまとまった注文にも対応ができます。

前からお付き合いのあったお客様たちも、乗り換えてくれるようになりました。

 

ペットたちを救うための天職を、自分の会社で続けることができるようになるのです。

こんなに嬉しいことはありません。

前の会社からの嫌な試練

「これで何とかなる」としばしの安堵感に包まれていたのもつかの間、嫌な試練が待っていました。

プライオの発売を快く思わない人たちが嫌がらせ工作をしかけてきたのです。

私の退職後もコルディMを引き続き売っていた、義父と義兄です。

 

彼らが以前から私の事業を邪魔するような文章を配布していたという話は耳に入っていましたが、それを見逃してあげていたのが逆に良くなかったのでしょう。

またほとんど私が書いたホームページの記事を残してきてあげたり、有終の美のつもりでほとんどの先生がたに辞めたことを伝えずにいたことを、岡田は何でも言うことを聞くはずだと彼らは都合よく解釈していたのでしょう。

今回も私を脅せばすぐに撤退すると思ったのでしょうし、現にそのように考えていることも耳にしました。

 

最初は丸く収めようと、彼らの言い分をできるだけ聞いてあげていましたが、しかしそれで余計に調子に乗った彼らは、私の家族に危険をちらつかせるような脅迫をしてきました。

もう彼らの法も限度も超えた嫌がらせに、義理も何も関係ありません。

私は防戦する決心を固めました。

 

彼らの滅茶苦茶な言い分を封じるために、一般常識や正義に反している彼らの行動をひとつひとつ明らかにしていきました。

この極めて正当な反撃は、隠し事ばかりの彼らに効果てきめんだったようで、何ヶ月もかかってしまうのですが彼らの非常識な行動はずいぶんと沈静化していきました。

 

そして彼らとやり取りした書類は全部手元にあります。

これでやっと自分の目指す世界に踏み出すことができます。

みなさまと理想の世界を目指して

前の会社との長い攻防の中で、私は真実を追求していました。

義理や変な思いやりは、けっきょく騙される人を増やしてしまうことを知りました。

真実には多くの人たちが賛同してくれるので、おかげで新しい仲間も増えました。

みなさんの応援のおかげで、今の私があります。

 

料理の苦手な私は、いまだにスマートな一人暮らしができていないのですけれど、それでもずいぶんと楽しめるようになりました。

あのなかなか研究所を貸してくれなかった審査委員の方々は、当時ちょっと憎たらしく思うこともありましたが、いまは心を割って話せる本当に大切な仲間です。

飯田市職員の方々、商工会議所さん、たくさんの仲間ができました。

 

前職で見つけた天職を、今もこうして続けることができるのは本当に嬉しいことですし、それが皆様のおかげだということをけして忘れません。

 

街にペットがあふれ、笑顔があふれ

ペットとの触れ合いを通して、人として大切なものを見つけられる世界

こんな世界が私のゴールです。

おわりに

最近、起業家たちや、未来を託す高校生250人の前でスピーチする機会を与えられえました。

たくさんのエネルギーを与え、私もまたたくさんのエネルギーをもらい、講演は大いに盛り上がりました。

もしあのままずるずると前の会社に残っていたら、とても得られない経験です。

 

こういった経験を私の大好きなWin-Winの考え方に基づいて、お世話になっている方々に恩返しすることが、私の望みです。
お客様と30分も1時間も相談に乗るのも、エネルギーを受け取ってもらい、それがご愛犬やご愛猫に届くと信じているからですし、本当にそうなれば私にエネルギーが戻ってきます。

犬も猫も人も、Win-Winが一番です。

 

長文をお読みくださいましてありがとうございました。

岡田憲人

お問い合わせページ
▲ページの先頭へ
メニュー