犬猫用サプリメント-メディネクス株式会社
サポート電話番号
Image is not available
がん、免疫が心配なときの健康サポートのサプリメント
ペットのがん、肝臓病の相談
Slider

犬にレバーを与えるとビタミンA中毒になるか

liver-diet

ご愛犬の健康のために、レバーを与えている方はけっこういらっしゃると思います。

事実、レバーは「がん予防のビタミンA」や「貧血改善のヘム鉄」を多く含み、健康に役立つ優秀な食品です。

 

ただしタンパク源として肉のように毎日大量に与えるのは、もしかすると良くないかもしれません。

ビタミンAが体に蓄積しすぎた場合、中毒を起こす可能性があるためです。

ビタミンAによる中毒について

まずビタミンAは大きく2つに分けることができます。

これはぜひ覚えておきましょう。

  • 脂溶性ビタミンA(レチノール)
  • 水溶性ビタミンA(主にβ-カロテン)

中毒になるのは、脂溶性ビタミンAのレチノールです。

脂溶性は油に溶けやすいという意味で、体内に蓄積しやすいという性質を持ちます。

 

かたや水溶性ビタミンAのβ-カロチンは中毒の心配がありません。

もし犬に与えすぎたとしても、利用されずに排泄されてしまいます。

詳しくはこちらのページをご参照ください。

ニンジンのビタミンAで健康度アップ

 

レチノールを高含有する食品の代表がレバーです。

レバーの中でも、鶏(鳥)レバーと豚レバーです。

  • 鶏レバー100gあたり14000μg
  • 豚レバー100gあたり13000μg

ちなみに牛のレバーは桁1つ少なく、100gあたり1100μgを含むに過ぎません。

 

問題は、これらの食品で中毒量に達するかどうかです。

それには犬のビタミンA上限量を知る必要があるのですが、良い資料がありません。

 

ですので人の上限量を参考に、体重換算で犬の上限量を推測するのが良いでしょう。

私の薬剤師的感覚からして、それでだいたい大丈夫です。

ビタミンAの上限量

日本人の成人男性のビタミンA上限量はおおよそ1日2700μgですので、これを元にしてみましょう。

人の体重を60kgとして、犬の体重を10kgとしたとき、1/6量にすれば良いだけです。

 

するとこうなります。

体重10kgの犬が毎日食べていても大丈夫だろうという鶏レバーの量

約20g

 

かなり少ないですね。

日本人のために厚生労働省が発表した数字に基づいていますので、相当に慎重な数字です。

 

ここで言う上限量とは、耐用上限量のことで、ほぼすべての犬が健康を害することがないという量です。

そして習慣的に与えているときの量ですから、週に1日だけ140g与える場合は、まったくセーフといえます。

 

相当に慎重な数字なので、この2~3倍でもほとんどの犬は大丈夫でしょう。

好きな鶏レバーを取り上げてストレスになる方が体に良くありません。

 

ここまでは習慣的に続けていた場合のことです。

次に一度に与えられる限度量についてお知らせいたします。

犬のビタミンAの急性中毒量

一気に中毒を起こしかねないビタミンAの量についてお知らせいたします。

必ず中毒になる量というわけではないので、さほど心配せずにお読みください。

 

私の計算では、体重10kgの犬にビタミンA(レチノールとして)50000μgが限界なので、次の通りになります。

体重10kgの犬に一度に与えられる鶏レバーの限界量

約360g

 

 

上記の限界量を突破したからといって、すべての犬が中毒に陥るわけではありません。

ただ急性中毒は危険で、中毒死の可能性もあります。

 

また前述のとおり、ビタミンAには蓄積性があります。

350gなら大丈夫だといって、2日連続で与えてしまうと危ないかもしれません。

 

さらに360gという限界量はいくつかの要因によってさらに低くなります。

たとえば肝臓病、腎臓病を患っている犬の場合、もっともっと少ない量が限界になるはずです。

 

限界量が300gに下がるかもしれませんし、200gに下がるかもしれません。

いずれにしても上記疾患がある場合、無理なチャレンジはお奨めいたしません。

 

どうしてもビタミンAが欲しいときは、ニンジンを利用することも考慮してみてください。

ニンジンのビタミンAは、中毒を起こさないβ-カロテンです。

お時間がございましたら、こちらのページもご参照ください。

ニンジンのビタミンAで健康度アップ

 

貧血の改善(鉄分補給)を目的にするとき、牛レバーにしたり、豚の赤身肉に変更してみてはいかがでしょうか。

ちなみに植物性の鉄分は非ヘム鉄で性能が悪く、貧血改善作用はだいぶ劣ると思います。

 

おわりに。

レバーはある意味、薬に匹敵するほど優秀な食品です。
与え過ぎにはちょっと気をつけて、トッピング程度に食事に組み込んだとき、きっとご愛犬の健康度をアップさせるでしょう。

公開日:2016年4月26日